まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ガンダムミュージアム | メイン | サバメシ »

▼2006年08月28日

那由他

今月号のダンチュウだったかな?とにかくそんな本を本屋さんで立ち読みしていたら、冷麺特集で、そこに茨城県つくば市の那由他という店の“ひやかけ蕎麦”が紹介されていた。なんだか無性においしそうに見えたので、早速出かけることにする。

 お目当てのお店はTXつくば駅からクルマで5分位の場所にある。なんだか佐々木淳子のマンガみたいな店名だが、別に店長がマンガマニアだとかそういう店でもなさそう。田舎の小学校の横道を入っていった一軒家みたいな所にそのお店は建っていた。

 早速のれんをくぐると、扉の前にでっかく「店長は気まぐれですので、いつもおいしい蕎麦が打てるとは限りません。それでもよろしければどうぞ」なんて張り紙がしてある。う~む、と思いながら店内に侵入。空いている椅子に座り、ひやかけ蕎麦の大盛りを注文するが、「大盛りはやってないんですよ」と、いかにも職人系な蕎麦屋の応対をされる。ま、いいかと思って普通もりを注文する。ふと厨房の上辺りを見ると、「禁煙」ではなく「嫌煙」と書いてあったりするのがちょっと面白い。一応吸いたければ灰皿を出してはくれるみたい。でも、なるべく吸わないでね…ということなんだろうか。実際は禁煙にしてもらった方が私のような非喫煙者にはありがたいが、多少は仕方ないかなとも思う。

 しかしここからが長い。丁度ゆで時間の合間に入ったのか、なかなか注文の蕎麦が出てこない。一応店員さんは「なんか雑誌でもお持ちしますか?」と気を使ってくれたのだが、ま、いいやね。
 そんなこんなで30分くらい待っただろうか。ようやくお目当てのひやかけ蕎麦が到着。う~ん、こんだけ待たされりゃ何だってうまくなりそうだ、などと心で軽く悪態をつきながら蕎麦を一口…。こりゃほんとにうまいや。
 一緒に出された唐辛子が二種類あって、店員さんに聞くと、ひとつは金唐辛子。もうひとつはゴマ入りの唐辛子という話。早速金唐辛子を入れてみたら、これがめちゃめちゃ辛い。その後のひやかけ蕎麦は、金唐辛子の味一色になってしまった。

コメント

この写真が気になって、買っちゃいました。「ダンチュウ」(^^;;
だって美味しそう!!

このお蕎麦、おいしかったですよ。お勧めです。

ダンチュウ、他においしそうなお蕎麦はありましたでしょうか?
そういえば、小布施の蕎麦屋さんも一件紹介されていたような。

美味しそうな蕎麦は都内でも食べられることが分かりました。
(それなりにお値段しますけど)
群馬から小布施に引っ越した蕎麦屋が1軒紹介されていました。
また、みんなで食べに行きたいな~

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ