まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« アクセス解析 | メイン | 株式会社ビデオリサーチ・インタラクティブ »

▼2006年11月07日

プラチナ・セルロイド金魚ボールペン

061107-01.jpg 金魚捕りが金魚になる…なんて言葉はないだろうが、典型的な衝動買いをしてしまった。どうでもいいけど、衝動買いってなんか好き。

 先週か先々週か…都内の文房具屋さんにボールペンのリフィル(代芯)を買いに行ったんだけど、その会計をしているときに、なんとレジ真下のショーケースで、以前欲しいと書いていたプラチナの金魚様が優雅に佇んでいるではありませんか。会計をしている間、じーっと下のショーケースばかり見ていて、支払いを済ませておつりをもらったとき、思わず「すみません、そのボールペンも下さい」と言ってしまった。あ~あ。

 「1本1本柄が微妙に違いますから、気に入ったのを選んでください」と言われ、在庫にあった5本を全て見せてもらい、この写真のモノに決定。ポイントは上半分に白い部分が多い点。その方が赤の鮮やかさが引き立つかなと思って。

 購入後、改めて手にしてみて、じっくりと詳細をチェック。まず、よく見るとペンクリップ上のおしり部分がの円弧が微妙に崩れている。もっとも私的にはこんな点はなんだか手作りっぽくてプラス。マイナス点としては、セルロイドの継ぎ目がちょっと気になる…気にならないかな?そんなところ。

 ただ、付属しているリフィルに関しては結構不満だなぁ。リフィルの型番はBSP-200Bというモノなのだが、文字が細目でサラサラなめらかな書き味…というと、いいじゃん思われるかもしれないが、私的にはもっとゴリゴリと太い書き味の方が好きなんだよね。それと、インクの色も何か面白いバリエーションはないかなぁ…と思います。どこかで互換性のある他社製リフィルはないのかな。

 見た目に関しては文句なし、もうめちゃめちゃいいね。カバンのポケットに指すと、おしりの部分がチラッと見えるだけなのだが、それだけでカバンの雰囲気が華やぐ。
 それと、仕事机の上に置いても、このペンだけで卓上の雰囲気がガラッと変わる。なんだか、人の視線の吸引力がとても強い筆記具だと感じました。

RICOH GR Digital

コメント

ここで紹介された文房具の中で、一番「欲しい」と思ったのがこれです。
リフィルは私も太めでグリっとした感じのが好きです。
今までで一番当たりだったのは、ディスカウントショップで買ったパーカーの「ハリーポッター」モデル(笑)。

パーカーのリフィルもちょっとグリッとしてていいですよね。
ハリポタモデルって、あの箱に入ってるヤツですよね。ひょっとして今更プレミア付いてたりして(笑)。

いつか、この金魚ボールペンを持って、金魚坂にいって、中国茶を飲みながら日記を書いてきます(笑)。

>プレミア

いや、ヤフオクで500円で出てます。
入札しようかとオモタ(笑)。

金魚ちゃんが気になり、ぶらり銀座イトウ屋へ。すみれインクはハケーンしましたが、金魚が無い…店員に「赤とピンクと白のマーブルのような金魚万年筆は」と聞いた所、速攻で「プラチナ・セルロイドですね、こちらはお取り寄せとなってしまいます」との返答でした。う〜残念。現物みてためつすがめつしたかったのですが…
やはりイトウ屋の店員はさすがプロですね〜あんな説明ですぐカタログ出してきましたヨ

お!伊東屋さんに突撃したんですね!在庫無しかぁ…残念でしたね。

私が万年筆を買うときは、どちらかというと伊東屋よりも丸善オアゾ(東京駅前)の4Fで買うことが多いです。あちらは売っていたかなぁ。

このセルロイド万年筆を作っている方が病気がちらしくて、いつ生産中止になるか分からないらしいです。せかすつもりはありませんが、ちょっと急いだ方がいいかもしれませんね。

そういえば、アキバヨドでも売れていてなくなってたなぁ。アメ横はどうだろう。ガード下を歩くと、何軒か万年筆売っているお店がありますよ。

http://homepage2.nifty.com/gurukku/desktopworld/pen/penshopokachi.htm
ちょっと地図が古いです。シズヤ商会はもう万年筆売ってません。他に2箇所、地図に出ていない万年筆やさんがあります。

突撃隣の晩ご飯〜!で、買う気満々でしたが残念…。楽天で買っちゃおうかとも思いつつ、でも店頭で実際試し書きして見たいしでじたばたしてマス。今週は忙しいし…何とか時間みつけてゲットする予定です!

初めてだったら、なおのこと専門店で買った方がいいですね。必ずしも当てはまりませんが、いわゆる「アタリ」の個体は、専門店で買ったときの方が概ね多いみたいです。

もう一つ、都内のオシャレショップとして、こちらのリンクも貼っておきます。私はまだこのお店でペンを買ったことはないのですが、インクを買いに言ったときは、かなり親切に相談に乗ってくれました。
http://www.shosaikan.co.jp/
隣にある「かへ」も、雰囲気がよくて落ち着けます。

たまにはオサレな場所で優雅にお茶するのも良いですね☆ 南青山に殴り込みに行こうと思います。希望通りの金魚ちゃんゲットしたらアップしますね。万年筆は実は前から一本欲しいと思っていたのですが、何を買ったものかと思案していたのです。アタリに当たるといいなぁと願いつつ…

まあ、相当な不良品ならともかく、徐々に自分の書き方に慣れていくのを見守るのも、万年筆の楽しみですからね。
私の手元にあるペンも、初めは「全然ダメじゃん!」と思っていたモノが、徐々に使いやすく変わってきてます。

この手の買い物は、初めから「アタリ」を引こうと思いすぎないのが、コツですかね。
キンギョ捕獲報告、お待ちしてます!

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ