まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ローマ人の物語・ローマ世界の終焉/塩野七生 | メイン | 明日は最終日 »

▼2006年12月14日

ジーンズの価値観

 最近デイリーポータルネタが多くて申し訳ないのだが、この記事にあるとおり、私も以前「そのジーンズ、いい感じですね」と言われたことがあって、その時履いていたジーンズは、1,000円どころか、今はなき草加のD-Mart(店舗はなくなっていないが、普通のダイエーになった)で買った980円のジーンズで、なんだか複雑な気持ちになった事があった。

 そんなこんなで、アパレルブランドの棚を見ていると、ボロボロ(に見える)ジーンズが数万円とかしてたりして、980円を誉められた経験のある私としては、それら高額なジーンズに大金を投じる価値が全く判らなかったりするものなのだが、ひょっとして判る人には判るのかな。

 でも、判る人に判ってもらうより、普通の人に判ってもらえて、なおかつ安い製品の方が、ジーンズマニア以外の人にとっては当然いい訳で、そう考えると、ジーンズの価値観というのは一体どこにあるんだろうと、この大塚幸代氏の記事を読みながら、そんなことを考えてしまったのでした。

コメント

私も、ちょっと前に同じようなことがありました。
物はリーバイスで悪い物じゃないんですが、だいぶ汚れて、すり切れたりしてたんで、そろそろ捨てようかと思ってたジーパンを、会社の女の子に
「そのジーンズ良い感じですね」
と言われて
「ああ、時代は変わったなぁ……」
(そして私は取り残されたのだと…(笑))
としみじみ。

ちょうど今朝、ジーパンはくときに、そのことを思い出したので、した。
シンクロニシティ。

還暦過ぎの私もジーンズ派ですが破れた物は履きません
膝に穴があけばちょん切って半ズボンにして履いてます(笑)

ぼく、ジーンズ持ってません(笑)
子ども時分に着させられたときのゴワゴワ感がトラウマになっています。

私も二十歳くらいまではジーンズって嫌いだったなぁ。

ボロボロなモノほどいいってのはよく判りませんね。
そういえば、ケミカルウォッシュのジーンズは絶対ダサイと言われてるけど、その割には結構売ってる気がする。
ホントにジーンズはよく判らない(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ジーンズの価値観:

» スキニーデニム ジーンズが人気の理由 from ネット丸トク情報
スキニーデニムって最近、すごい人気ですよね。スキニーデニムって何?っていう方、ちょっと調べましたのでご覧になってくださいね。スキニーデニムとは、脚にぴった... [詳しくはこちら]

最近のコメント

アーカイブ