まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 検索結果画面をいじりました。 | メイン | 千年、働いてきました~老舗大国ニッポン/野村進 »

▼2007年02月20日

少女七竈と七人の可哀想な大人/桜庭一樹

 辻斬りのように男遊びをした…母親から生まれた“鉄”の美少女が、親の呪縛から抜け出して大人へと成長する小説…といってしまえばそれまでなのですが、一見時代がかった文章で表される不幸は、不思議とやや湿り気があるおかしさに溢れている…そんな感じでしょうか。面白かったですよ。

 「おかあさん、もう、男の人のことばかり考えるのはよしてください。私を見て。私をかわいがってください。私はあなたの娘です。」というセリフはちょっと可笑しかったけど、女は娘を生んで娘に裁かれる…というのは、なんだか妙なリアルさで、女の人生も楽じゃないなと思いました。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ