まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 高級ホテルのテレビ | メイン | 搾取される若者たち―バイク便ライダーは見た!/阿部真大 »

▼2007年03月06日

もし、日本が中国に勝っていたら/趙 無眠

 オビに「ネット上に発表され、中国人愛国者を激怒させた幻の論文」とある。

 内容に関しては、我々日本人が正しいだの間違いだの言えるモノでもないだろう。これは中国人が見た、日中戦争と、その影響についての1つの視点。

 ただ、私が驚くのは、言論の自由が著しく侵害されているであろう中国で、知識人達がこのような事までもネット上で語り合っていたという事実。
 無論、日本でこのような議論が無いとはいわないが、あまりにも多いノイズのためにかき消されているのと、逆に、むしろ日本の方が、この手の議論に対してヒステリックな反応が多いのではないか。

 北朝鮮が核兵器を持って日本を攻撃した場合、日本はどういった対応を取るのか。核兵器を所持し、使い、報復するのか?

 極端な議題かもしれないが、このような発言すら忌むべきものとして許されないのが、現在の日本である。これは日本の核の所持を許さないからではない。核の議論を許さず、言論を弾圧しているだけ。

 実際の証拠として、日本は本質的な憲法上の議論を行わないまま、自衛隊という名の、世界でも有数の軍事力を誇る軍隊を日本は所持している。この軍隊の成り立ちについて、また、何故憲法第9条を制定したのかという根本的な議論、そして納得のいく回答を持たないまま、なし崩し的に、海外派兵や国際協力の名の下に、自衛隊は海外に派兵される。
 もし、将来日本が核兵器を手にする事態になった場合、その時も自衛隊創設の時と同様、きっと根本的な議論はなされず、なし崩し的に配備が始まってしまうのだろう。

 私は何も自衛隊の存在の是非を問うているのではない。何故そのような議論から平然と背を向けられるのか、その点がおかしいと考えているのだ。

 たった一冊の本で、中国の現代思想界を決めつけるのは危険だとは承知している。
 しかし、特にこの本の前書きを読むと、中国では日本とは違った意味での言論の自由と、それを行えるだけの土壌が存在しているのは確かみたいだ。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ