まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« adidas GPS RUN | メイン | 寺島靖国/疾風怒濤のJAZZオーディオ放蕩生活 »

▼2007年08月30日

そろそろ「html」は段組のサポートを始めるべきではないか

 ここのMovableType4のスタイルページを見ると、みんなサイドバーのスペースを埋めるのに苦労しているのかなぁ…なんて思う。
 最近ではPCモニタの解像度が上がってきたため、以前みたいページ一杯に横長のテキストを流し込むと、1行が長くなりすぎて読みにくくなってしまうからね。

 かといって、派手なサイドバーを左右にちりばめたり、また左右のインデントを思いっきり開けたりするのもスマートではない気がする。まあ、このブログも左右のインデントはそれなりに開けているけど。
 というか、最近の風潮だと、そもそもサイトの横幅については固定してしまって、あまり長い行が表示できなくなっているサイトがほとんどだけどね。
 ということで、そろそろテキスト系のWebサイトを作るには、PCモニタの横幅はこれ以上必要ない所まできているのかなぁ…と思ったりもする。

 なので「html」は、ここいらへんで通常の書籍などで見られる「段組」をサポートすべきなんじゃないかな…なんて思ったりもする。段組ができれば、大きなモニタに2ページ分のコンテンツを表示する…なんて使い方もできるしね。

 昔、何かのブラウザで一時的に独自タグとして段組がサポートされていた事もあったが、そろそろこういう技術も標準化してくれると、ページデザインとアクセシビリティーに色々幅が出るのではないかなぁ…とおもう。もうフラッシュとかなんだとかは、この辺で打ち止めでいいからさ(笑)

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ