まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ハンドウォーマー | メイン | 首藤さんスペシャル »

▼2007年12月29日

ルール

 私がまだ若かった頃、会社で朝の掃除をするのは、何となく一番早く来た人がやっていて、多くの場合私が一番早く会社に出社していた頃があったので、私が毎朝床掃除とゴミ捨てをしていた。

 言っちゃ何だけど、その頃の私はチームリーダーみたいな立場で、ある意味掃除なんて若いスタッフに「やっとけ」と言えば済む事だったのだが、それでも大体私が率先してやっていた。その代わり、私がちょっと遅めに出社しても、若い子達は文句も言わずにむしろ楽しみながら掃除をやっていたと思う。
 もちろん、毎朝決まってギリギリにやってくる人達もいて、当然それらの人が出社してくる頃には掃除が終わっていたのだが、特に彼らに対しての不満は私は意識した事がなかったし、おそらく他のスタッフも表面上は意識していなかったように思っていた。

 そんな私を見て、多分気を遣ってくれたんだと思うが、とある会社役員の人が「掃除は当番制にしてみんなでやるようにしては?」と提案してきた。みんなは「ま…それもそうだな」と言っていたのだが、私はその場で猛反発。
 「掃除なんて早く来た人がちゃちゃっとやれば済む事だし、そんな事大人なんだからイチイチ決まり事にしなくてもいいです」みたいな事を言って、確か無理矢理その場を解散させたんだと思う。
 その件はそれで終わって、しばらくは以前と同じようにみんなで朝の掃除を行っていた。

 ただ、その私の発言を聞いて勘違いしたバカがいたみたいで、ある日普段ぎりぎりになって出社するスタッフが、忙しいのか珍しく早めに出社していて仕事をしていた事があった。私は「もう掃除したのかな」と思って、特に気にせず机に座ってそのまま仕事に入ろうとしたのだが、しばらくして別な若いスタッフが出社したときに、そいつは事もあろうに「ゴミ出しといてね」などと言った。

 私はその場でブチ切れた。

 思いっきりゴミ箱を蹴飛ばしながら「早く出社したのならおまえが掃除しとけコラ!」と大声で怒鳴ってしまった。

 その後、私のイヤな所だと思うのだが、その日そいつには掃除をさせず、私が1人で床を掃いて1人でゴミを出しに行った。まるで主婦が旦那にこれ見よがしなプレッシャーを与えているみたいで、自分でも自分がすごくイヤな気分になったのだが、でも、他の人には手伝ってほしくなかった。
 今思うと、たったそれだけの事で切れる事もないとは思うのだが、おそらくそのちょっと前に「当番制にしては?」と言われた事が、私自身に何らかの尾を引いていたんだと思う。

 そして、その日の私の罵声が会社の上の方に伝わり、半ば強制的に掃除当番を決めるように言われてしまった。もうそのときの私は、そのルールに反抗するつもりはなかった。というか、もうどうでもいいかと思っていた。

 結果、朝の掃除は当番制となり、その日の当番になった人は、まるでハズレくじでも引いたような表情となり、昔みたいに笑顔で掃除をしなくなった。

 組織で新しいルールが増えるという事は、組織が進化しているのではなく、組織が退化している事だと思う。ひとつルールが増える度に、私たちはひとつずつの自由と、更に重要な点だが、善意を失う。

 みんな、そのことを理解しているのだろうか。

コメント

 この馬鹿スタッフが全て悪いな。こんな事されたら俺も同じようにキレるよ。当然の行為だ。

 この馬鹿スタッフは自分の行為を反省しているだろうか?文面から見るとどうやら反省していないようだけど。
 馬鹿スタッフにプレッシャーを与えることは決して悪い事じゃない。馬鹿には馬鹿である事を自覚させないと調子に乗るからね。
 ホント、職場に馬鹿が1人いるだけで空気悪くなるよな。

でも、なぜか”キレた方が悪い”になってしまう不思議・・・。

ありがとうございます。

でも、この件に関しては私としては反省しています。
なんだかんだで、自分自身に「親切にしてやってる」っていうおごりがあったという事なんでしょうね。

うーん、このスタッフも悪いですが、よっちさんも悪いですね。

職場の掃除と言うのは、職場に対する意識の持ち方と言う見方も出来ます。
この馬鹿スタッフの職場に対する意識という物をよっちさん自身が確かめていない訳ですから、切れたよっちさんが悪くなりますね。
会社役員さんは、職場に対する意識の良いよっちさんを見習って欲しくて当番制にしようと言っていた訳であって、それを拒否した理由が朧げな個人的感情な訳ですから、身勝手極まりないと言わざるを得ないと思いますが?
組織で新しいルールが出来るという事は、皆で共通の意識を持つと言う事でもありますから、組織として退化している訳ではないと思いますけどね。
掃除しない自由、掃除する自由が共にあるのなら、この馬鹿スタッフにある掃除しない自由に対して罵倒したよっちさんに非があると考えます。

しつこいね。
だから反省していると書いています。

記事に対するコメントならともかく、持論を展開したいのなら、自分のブロクでおやりになられては如何でしょうか。

 「キレる」というのは、ちょっとやりすぎたかな。
 ただ、悪い事をした人に注意を促す行為は間違っていないと思うけどね。

「キレ」てしまった事で、その前の当番制導入時に私が偉そうに語った事を自分で否定した気分になってしまいましたね。

こういうのは、その場ではなく、後からじわじわと反省心が沸いてきます(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ