まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« PENTAX 645 Digitalの開発を中断 | メイン | 紅茶がダメになってコーヒーを »

▼2008年03月07日

新銀行東京

 毎日ニュースでの批判がウザイので、あえて石原都知事の弁護をしてみるが、そもそもこの銀行設立の背景が、銀行の貸し渋りのせいで、零細企業が大打撃を受けていたという状況を改善しようと、主にこのような企業の支援のために設立されたものである。で、この新銀行東京が設立してどうなったか…。既存の銀行は湯水のように税金をもらい、そのおかげでみるみると業績を回復させ、更に金余りにまでなったモノだから、今まで無視していた零細企業にじゃぶじゃぶと金を融資するようになった。で、それらの煽りを受けて、まともな企業支援を目的に設立された新銀行東京は業務不振に。

 思いっきり無責任な意見を言わせてもらえば、国が銀行につぎ込んだアホ金に比べれば、この新銀行東京のおかげで救われた企業は実際数多く存在する訳だし、公共的には決してマイナスではなかったのではないかと…。特に不況時の銀行のクソぶりをいろいろな意味で実感している私としてはね。

 ということで、私としては新銀行東京というプロジェクトは失敗だと思っていない。ただ、ぼちぼちとプロジェクトの終了フェイズに入るべきかな…とは思う。
 少なくとも、アホな公共工事で使ってしまうよりは、ずっと有意義な税金の使い方だったのでは?

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ