まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 本日で文字放送は終了となります | メイン | ガソリン値下げ »

▼2008年03月31日

女に惚れられる瞬間

 普段は女性から積極的に避けられるキモヲタの私でも、女性からありがたいご好意の視線を受けた事がなくもなくて、そういう乙女の視線が判っていたとしても、何もできずに終わってしまうキモヲタな上にチキンだという、もう救いようのない私なんですが、そういう「女性からの好意」ってのは、私の場合は大体において法則がある気がして、つまり女性に助け船を出してあげた時ね。そういうときは案外女の人っていちころなんだよな…なんて自惚れたりします。

 昔私がまだ22~3歳だった頃、会社で私より立場が上の男の方が、私よりも年下の女の子に八つ当たりをしておりまして、基本的に私と何の関係もない話であり部署の事だったのですが、ついウザくて「女に八つ当たりしてるんじゃねえぞコラ!」と、今の私のキャラでは考えも及ばない介入をしまして、すごんで見せたら、その男は割と素直に「シュン…」となって引き下がりました。もうその瞬間から、その女の子の私を見る視線が変わったのがはっきり判りましたね、なんだかやべーな…っつー位。
 割と可愛い女の子で、「今度映画に行きましょうよ」とか「一緒に飲みに行きましょう」とか、かなり積極的で具体的に私を攻め始めたのですが、チキンだった私は適当にはぐらかしたり「それじゃみんな誘って出かけよう」とか、あえて二人っきりになる時間を避けたりしておりました…って、オレの恋バナを聞いてもらったって仕方ない罠(笑)

 まあ、そんな法則で女の子の視線が変わったというのは、それ以降も何度かありまして、さすがに30歳過ぎた頃からなくなったかな…というか、私自身がもうそんな事に首を突っ込まないキャラになったしね。とにかく、女が一番弱いシチュエーションというのは、そういう事なんだろうなと。
 だから、電車男などでキモオタが突然美人(なのかどうか知らないが)に惚れられるというのは、みんな「そんな上手い話はないよね」などと言い合っている中、割とリアルな感覚で納得できました。

 何が言いたい訳でもないし、特に結論じみたオチを用意している訳でもないのですが、モテないと嘆いている男性の方は、ちょっと参考にしてみては如何かなと。

 ああ…私はいいの、もうダメだし諦めてるから(笑)

コメント

では、よっちさんが私の前で女の子を虐めて下さい!私が女の子を救いますので。(^^)

つか、逆でしょう!
ふじむらさんが、このかわいそうな私にセッティングしてくださいよ(笑)。

あれ?諦めたんじゃないの?(^^;

出会いは突然に。もしめっけたら、勇気を持って突き進もう!

いやいや、ほら、これはクールな自分を演出するためのキャラ作りっすよ(笑)。

つことで、全国の女子高生の皆様…だと犯罪になるから、全国のうら若き乙女達、よろしくお願いしますよ、ホントに(笑)。

解り難い「クール」は、解らないのだ!
女子高生(これ自体が古い言葉か)は解り易いキャラが好きなのだ。
まずは、そこからですな。(^^;

そういえば、最近では業界的に「女子校生」ってかかないと行けないんですよね(笑)。

これからは、判りやすいクールなキャラを目指します!

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ