まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« さようなら鹿島鉄道! | メイン | ソメイヨシノが全滅? »

▼2007年04月01日

原発のトラブル隠し

 原発のトラブル隠しが後を絶たない。テレビや新聞では「許せない」という論調が繰り返されている。

 しかし、それでも原発のトラブル隠しが横行する訳は、おそらく起きたトラブルはもみ消してしまう事が、電力会社にとって一番被害が少ないからであろう。後になって事故がバレても、今回のようにせいぜい社長が処分を受ける程度である。

 逆に、これらの事故が、リアルタイムで伝えられていたとしたらどうだろう。まず、確実に該当の原子力発電所は運転停止、そして、過去の東海村のように、近隣の自治体は大騒ぎになるだろう。そして、東海村の事故当時、nifty上に流れていた様々なデマ(天皇が極秘裏に東京から移動した、既に放射能は関東全域に広がっている…等々)は、インターネットを通じて、より敏速にセンセーショナルに伝わり、パニックを引き起こす可能性がある。
 仮にこれが夏期の事故だとすると、原発の運転停止は即座に大規模停電の危険性につながる。そして、このせいでもし大規模な停電が起きたら、ただでさえ原発事故では大騒ぎする日本人の事、大都市部を巻き込んだパニック状態になる危険性すらある。

 現状で仮に原発の事故が起きたら、とりあえず内緒で事故処理してしまい、後でバレて職員が頭を下げた方が、よっぽど被害は少ない。そう考えると、電力会社の重役達は、自分達が泥水を被る事になっても、それでも日本をも守る!という気概に満ちた立派な人なのかもしれないと思えてくる。

 大体、世間の人達は原発問題になると大騒ぎするクセに、放射能と放射線の区別さえ付いていない人がほとんどなのではないか?

コメント

>自分達が泥水を被る事になっても、それでも日本をも守る!という気概に満ちた立派な人なのかもしれないと思えてくる。
同感です!!

重箱の隅をツツいて得意になってるニンゲンとは大違いですね.
#好ましくないのは別として

確かにトラブル隠しは好ましい状況ではないですね。
ただ、現状でそれをベターな選択にしてしまっている責任は、私達の側にもあると考えます。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ