まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 北千住駅構内の「at ease」というお店 | メイン | 男性の育児休暇 »

▼2007年04月12日

古道具 中野商店/川上弘美

 読んでいて非常に腹立たしい本だった。ここでいう“腹立たしい”は、肯定的な意味においてである。

 人間の細胞は三年で入れ替わる。だから、3年前に会った人は、もう自分が知らない全然違う人…というくだりは、確かにそうだと思った。

 主人公と一緒になって、むかむかしたり、怒ったり、イライラしたりしながら読めた小説。面白かったけど疲れたな。

古道具 中野商店/川上弘美

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ