まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 覇者の驕り―自動車・男たちの産業史/ディビッド・ハルバースタム | メイン | ギャンゼがあった! »

▼2007年04月27日

エアコンの室外機盗難多発!

 こんな犯罪、もう防ぎようがねぇな。

 どういう人達が、どういう場所に売り飛ばして、そしてそれらを回収した人がどうやって金に換えているのか?
 徹底的に分析→規制→弾圧しない限りは、もうなんだって取られるということになるね。

 そして、こういうアホみたいな事件をきっかけに、人々の心境はどんどんと荒んでいって、街の治安も悪くなっていく訳だ。

 笑い事じゃなくて、こういう犯罪は、とにかく犯人を捕まえて極刑にでもしないとダメなのではないかと思う。少なくとも、空き巣や強盗などという犯罪とは、また違った意味と、また違った社会的影響が大きい事件だ。

コメント

統計上ではどうなっているかわからないんですけど、治安って悪くなってる気がします。
こんな犯罪もそうですが、放火とかも増えてるなあ、って。

話は飛びますが、
地震も多いですし、「借金を背負ってまで不動産を買う」って難しいなあって思います。
20年ローンを抱えてる家を燃やされたり、近所にDQN越してきたりしたら、人生オワタよ。。。になっちゃいますもん(2ch風)

こんなこと考える私はペッシミストなんでしょうか(苦笑)

犯罪が増えているのではなく、犯罪も情報化の時代ということだと私は思っています。
鉄の盗難や、室外機の盗難など、きっと今までだって日本全国どこかでやられていた犯罪だとは思いますが、マスコミの発達(この件については、ネットは関係ないと思います)によって、こういう犯罪がすぐに日本全国に波及してしまうという現象は、おそらく今の時代が初めてでしょうね。

>家
 私もその通りだと思いますよ。
 日本における悲劇の多くは、家と土地に縛り付けられた奴隷制度にも似た社会システムに問題があると思います。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ