まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« Mama's Tea | メイン | 谷村新司/愛の誓い »

▼2007年05月15日

蝉時雨のやむ頃/吉田秋生

 吉田秋生とは懐かしい名前だなぁ…と思って買ってみた。本当のタイトルは海街diary1というんだけど、サブタイトルの方がカッコいいのでエントリーのタイトルは別にしてある。

 今はレディコミを活躍の場にしていたのかぁ…。吉祥天女とかおもしろかったけど、絵柄はその当時と比べて少し柔らかくなってるね。そういえば、その後のBANANA FISHでさすがについて行けなくなって、読者やめたんだったなぁ。

 舞台は鎌倉、ちょっと前に行ったばかりなので、何となく親しみが持てる感じ。メロドラマにありがちな設定だけど、いい話です。

海街diary1/吉田秋生

コメント

おれにとっての吉田秋生は「カリフォルニア物語」だな。あのちょっと重い物語は、今でもおれの深いところに間違い無く残っているなあ。

カリフォルニア物語、この共の頃の私は、あの雰囲気がダメだった。今なら読めるかな。

その直後に出した短編集はガチ(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 蝉時雨のやむ頃/吉田秋生:

» 吉田秋生先生のこと from 吉祥天女情報館
吉田秋生先生のことや、関連する情報を紹介しています。 [詳しくはこちら]

最近のコメント

アーカイブ