まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ズーマーについてお勉強 | メイン | テレビってどうよ »

▼2007年07月29日

ウナギが売れない

 そうですよ。テレビでやってましたが。

 なんでも、国産ウナギを売っている業者までとばっちりだそうです…が、そもそも中国産ウナギの販売を取りやめたり制限して流通しているはずのウナギが大幅に減っているはずなのに、何故かスーパーでは急に国産ウナギばかりが売られている…という状況に不自然さを感じない方がどうかしている。

 今の法律では、中国で育てられたウナギを日本で一週間泳がせれば国産、それかさばいて熱加工を日本でやれば国産…だったっけ、そんな法律だったはず。

 日本全国のスーパーに、いくら値段が割高だからって、これだけの量を流通させるほど国産ウナギの水揚げなんてある訳ないのに、それで国産もとばっちり…とは、どの口が言うか、という感じ。別にウナギなんて食べなくても問題ないしね。

 ウナギ以外でも、今では問題のある中国産の素材を使っている食材ばかりが売られている。もう、何が国産で何が中国産なのか、消費者にはさっぱりわからない状況。とりあえず国産食材として信頼できそうな食材としては、米と、季節になると限定販売されるポテトチップスくらいなものか?
 もう、実際問題として国産とか中国産とか気にせず、おとなしく公害病を覚悟した生活を送るしか、現実として私たちの選択肢はない状態だ。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ