まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« MIXIのメッセージ送信後に表示される広告 | メイン | 日本にとって中国が持つ重みはインドとは比べものにならない »

▼2007年08月24日

グーグルスカイ

 “ミノルタスカイ”。それはなんと晴々しい名前だろう。

 この製品は、本来なら昭和34年に、現コニカミノルタ、当時の千代田光学から発売される予定だった、35mmフィルムを使う、連動距離計式フォーカルプレーンシャッターを備えたカメラ。
 標準レンズは、スーパーロッコール50mmF1.4。専用の三本爪バヨネットマウントを備え、発表当時の交換レンズは25mmF3.5と135mmF2.8が用意されていた…って、あれ?

 全然違いましたね、なんだかこのグーグルスカイという名前を聞いたら、つい、幻のカメラ「ミノルタスカイ」を思い出したので(笑)

 星空も表示可能になったのか、すごいね。私も後で見てみよう。

コメント

おれは「うどんでスカイ」を連想するなあ。

わたしゃ、普段飛行機に乗れる身分じゃないので、何の事やらッス(笑)。

でも、このカップ麺って、機内で食べれるんだろうか。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ