まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 岩波新書が怖い | メイン | 筋少の大車輪/筋肉少女帯 »

▼2008年08月25日

たんこぶ

 週末は新潟県苗場山麓の赤湯温泉に行ってまして、その様子は後ほどアップするとして、山小屋に着いた後、ゴム靴に履き替えて沢遊びなんぞを楽しんでいました。
 沢にじゃぶじゃぶと入り込むなんて、昔渓流釣りをちょっとやっていた以来の事なんだけど、これがまたなかなか楽しい。当日の気候は曇りで山の谷間は寒い位だったんだけど、夢中になってじゃぶじゃぶやってました。

 で、その途中、大きな岩があったので、足をかけて上ろうと思ったら「つるん」と足を滑らせてしまい、その岩にあごを「ガン!」と、滑った側の足の膝も「ガツン!」と。瞬間は打ったところが痛いというより、衝撃が脳天に突き抜けて頭がくらくらしました…。

 で、山小屋に帰ってみると、あごは赤く腫れていて、さらに膝の方は「ぷくり」と絵に描いたようなたんこぶになってました。思わず笑っちゃいましたね。たんこぶなんて作ったの子供の時以来だな。

 一緒に行った人から湿布のクスリをもらって塗ったら、翌日にはすっかりハレもひいて青アザ風になってましたが、ちょっと残念だった気もします。
 写真撮っておけば良かった。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ