まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« Lamblin Fils Alexandre de ROUVRAY Chablis | メイン | スホイ272機来襲! »

▼2008年10月08日

MARGARET HOWELLにハマった理由

 もう、にしだやさんが鮮やかに分析してくれています。

 MARGARET HOWELL イントロ(笑)」:ただの雑記Ver.3 β版

 私の服に費やす金額が増えたといっても、きっかけは“オサレ”ではないし、結果としても“オサレ”になっている訳ではないのがポイント(笑)

 というか、世のアパレルプロデューサー達は「如何にして小銭持ってるヲタクに服を売りつけるか」、リンク先の記事と、このブログの惨状(笑)をきちんと分析した方がいいと思う。

 そそ…ヲタクは語りたいのよ、なんでも。

コメント

自分も一時期(うん十年前)MARGARET HOWELLが好きだったんです。
その当時は「DCブランドじゃなきゃ服じゃない」みたいな頃だったんですが、自分はそれが気に入らなくて…

たまたま入ったちょっとこじんまりとしたお店でMARGARET HOWELLの服を見つけた時は「これならお金を出せる」と、ガキの頭ですが思いました。

今はなかなか手に入れる機会が無くなってしまったのですが、そのときに感じた「大事に仕上げてくれたんだ」と言う感覚が今のパン職人の自分を築いてくれた!
と、壮大な話にしてまとめてみましたが如何でしょうか(笑)

何処までがホントのことなのかわからないです(笑)。

DCブランドブーム、懐かしいな。
私も終わり頃にちょろっと乗っかりましたけど。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ