まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 関東大震災が起きれば近畿はチャンス | メイン | 世論調査とは区別されるべきネット上の調査 »

▼2008年11月11日

地方で研修医が足りない

 例えば公務員だって地方に行けば出張手当が出る。もちろん民間企業でも地方へ出稿となれば、出張手当や月に一度自宅に戻る為の交通費だって出る。そういうケースが多い。
 そんな中で、医療のみが「地方の切り捨て」などと被害者ぶっている意識を捨てない限り、地方に優秀な研修医…更に優秀な医者が定着する事はあり得ないだろうと思う。医者にとって都会にいるという事は、給与の面でも勿論、医療技術を磨く為にも都合がいい場合が多いからね。

 ハッキリ言えば、今、研修医が地方に勤務するメリットは何もない。何もないという現状を理解した上で、報酬を増やすとか、都会の経験とは違ったメリット(地方の人情とかそういうアホな話は抜きにして)を提示できない限り、地方の医者が増える事はあり得ない。地方の医者不足を医者の義侠心に頼っている現状は、資本主義社会の本質をまるで理解できていない幼稚な議論だと思う。

 え…地方は金がないから仕方ない?だったら地方に医者をバンバン呼び込める政治家を選挙で選べよ。民主主義というのはそういう事だろう。

 ちなみにバカニュースステーションの解説員は、強制的に地方へ医者を派遣とかバカな事を言っているが、そんな事したら医者になる人間自体が減るだろう。医者の心意気なんて事をシラフで語れるバカぶりが本当におめでたい。

コメント

ド田舎でもっとも成り手の少ない科の勤務医やってる同じくオタな40男です。ネイムやサイラス関連でここ数年ロムっぱなしです。こんなのに初コメントしたくないけどホント義侠心だけでやってるんですよ。都会じゃ月4回のバイトが田舎の月収ですし、月に一度週末休めればラッキーです。サンバー改造して優雅にホームレスするのが幽かな希望だな。

おおっ!お疲れ様です。
というか、ネイムやサイラス関係のお話を是非伺いたいですが…(笑)。

義侠心や心意気で勤務されている人は尊敬します。本当にご苦労様と思います。自らの仕事に誇りを持って取り組まれている姿はうらやましいです。

でも、システムを作る側がそれに甘えちゃいけないですよね。
個人の心意気だけではなく、きちんと標準化したメリットを描けないと、それこそ「義侠心」という個人に負担を強いる勤務体系になってしまいます。
やっぱり、そういうのは健全じゃないよなぁ…と思います。

それはともかく、そういう心意気で仕事に取り組んでいるのは素晴らしいですよね。是非頑張ってください。
そして、暇な時にはネイムネタやサイラスネタでコメントいただけると嬉しいです(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ