まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ちょいわるオヤジのセレナーデ | メイン | 完本・太陽の牙ダグラム »

▼2008年12月28日

結婚はどうですか

 昨日、親戚のおじさんとの会話

 じ:「結婚はどうするの」
 私:「いや、しません」
 じ:「いい人がいるんだけど」
 私:「いや、いいです」
 じ:「でも問題があって子供が二人いるんだよね」
 私:「絶対に嫌です」

 ここで終わったからいいけど、この先何か言われたら、
 「なんで私が身も知らぬ他人が中出ししたのを面倒みなけりゃならないんですか?」
 と続けようかと思っていたので、おじさんも節度あるレベルで留めてくれて良かったと思う。だから親戚づきあいって嫌なんだよ。

 しかし、この女も再婚相手探しを他人に頼ってみっともないと思わないのか。というか、子供二人作って旦那がいないってバカじゃないのか?もちろん死別とかそういうレアケースもあるかもしれないが、そういうの考えても仕方ないので一般論で語るが、一生を添い遂げる覚悟がない男と中出しして二人の子供って今一人で苦労って、人生設計なさ過ぎだろう。というか、その自分のバカさをフォローしてくれる男がほしいのなら、他人に頼らず自分自身で出会い系でもなんでも使って相手見つけろと。多分、ただでSEXさえさせてくれれば子供の面倒くらい見る!という男だって何人かはいるだろう。普段からそういう点の努力が足りないからこういう結果になるのでは?

 もっとも、あと何年かかるのか知らないが、一人で過労死する勢いで働きまくって子供達を成人させれば、子供達も恩返ししてくれるかもしれない。ただし、そういう余裕のない家庭環境で育った子供が、親の面倒を進んでみる子供に育つかどうかはまた別だけどね。これもまた一般論だけど、あまりそういうのは期待しない方がいいかも。少なくとも私がそんな人間に進んで関わり合うことは絶対にない。

 最後にちょっとだけフォローしておくと、別にコブ付き女との恋愛を否定しているわけではない。そういう姿に惚れる男性だっているだろうし、それはその女性が普段からどれだけ生きるのに努力しているか…という問題に直結する。そうやって真面目に一生懸命生きているなら、真面目に好きになってくれる男性はきっといると思う。
 ただ、誰でもいいから財布代わりの男がほしい…なんて思っているうちは、きっとそういう男しか寄ってこないだろう。

 朝からなんだか非常に腹立たしかったので思わず書いてみた。今でも気分が悪いわ。

 でも、逆の言い方をすれば、私自身の世間における商品価値というのも、所詮その程度だということでもある。そうなると、やっぱり私は男で良かったなと思うね。例え商品価値がなくても、一人ならいくらでもつぶしがきく。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ