まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 沸点が低くなったなぁ… | メイン | 自民党の支持率赤丸急上昇! »

▼2009年03月06日

Why, Japan, Why?

 たいした内容ではないんだけど、何となく面白かったので紹介。

 「どうして日本はこうなんだい?」」:ギズモードジャパン

 考えたら、知らない間に「日本人は無個性」なんて言葉を聞かなくなったね。むしろ「クレイジー」みたいな言葉の方が良く聞く気がする。
 私たち自身は、今でもあまり変わっていないような気がするけど、ネットなどにより神秘の日本が暴かれるにつれて「クレイジー」みたいな事になったのだろうか。今では有名になった日本人に対するコピペを貼っておく。

OLだった頃、会社で働いていた日本に超詳しいベルギー人が言ったことに納得してた。
日本文化は身内受けの凝り性文化だそう。
外国文化に負けまいとしているのではなく、
世に意図的にインパクトを与えようとしているのでもなく、
今ここにいる同じ価値観を共有する仲間からの喝采を浴びたいと考える。
その結果、同じものを志す者同士の「これすごいだろ、おもしろいだろ」合戦が始まり、
そこで生み出される物が自然と研ぎ澄まされていく。
でもその競争は、敵対的なものではなく、お互いを尊敬しあいながら、静かに深く進行していく。
そしてある日、偶然目撃した異文化出身の人間(外国人)から、
それがすごいものであることを知らされる。
ほとんどの日本人はその日が来るまで、自分たちが作り上げた物がすごいものとは知らない。
もろもろの伝統文化、芸能、電化製品、アニメ、他、みんな同じパターンで世界に広まっていった。
だから、日本がここまで発展してきたのも必然的なものだし、
この精神が衰えない限り、これからも日本は誰に頼まれることもなく、
知らないうちに勝手に世界にインパクトを与え続けていくだろうと。

 確かにこんな部分があるかもしれないね。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ