まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 電鉄富山のレッドアロー号 | メイン | 総曲輪 »

▼2009年04月07日

富山LRT

090407-03.jpg 富山市のLRTという乗り物。初めて乗車してみたけど、コレってすごく未来を感じる乗り物だなと思った。

 例えば、全国にある県庁所在地…いや、それなりに名のある地方都市は、もうLRTの営業を義務化させた方がよいのではないか。

 そうでもしないと、道路族議員、あるいはめんどくさがり屋で何もしない地方行政官達は、結局何もしないままだろう。自動車渋滞がなんだ。つか、むしろ都市部における道路は、意図的に渋滞を発生させ、その代わりに何らかの公共交通機関を整備していかないと駄目だろう。この先10年で、免許を返納する人達が、日本国中でどれだけ出ると思ってるの?もう道路整備なんて政策は古くさいだけだ。

 とにかく、この富山市のLRTには、衝撃を受けました。本当は高岡市の万葉線も乗ってみたかったんだけど、時間の都合が合わず。
 ちなみに、従来の市電と何が違うのかと聞かれれば、きっとあなたたちが70歳を過ぎた頃に、全く違う乗り物だと実感できるでしょう…と答えておきます。

OLYMPUS E-410 + Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5

コメント

お、富山ですね。
今年も連休に帰省する予定です。
おいしいもの食べてくださいね!

LRTって、あの電車なんだけど道も走れる奴ですか!乗ったんだ、いいなー。
あれは未来を感じる発想ですよね。

>Watiさん
 富山出身だったんですね。
 富山市は何度か通った事しかなかったのですが、すごくいい街だと思いました。

>ふじむらさん
 いえ、LRTはあくまでも路面電車です。
 ただ、床が非常に低いので、乗り降りしやすく、乗り心地も非常にいい…。
 (乗り心地に関しては軌道の新しさも関係しますが)
 素晴らしい乗り物でした。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ