まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 言葉とは | メイン | 韓国もと大統領が逮捕 »

▼2009年04月17日

小学生の娘が計画を知って号泣した

 まぁ…自宅近くにサバゲーの施設が出来たら、あまりいい気分はしないけどね。もっとも自宅近くにパチンコ屋が出来るよりは数千倍マシだと思うけど、こういう市民団体ってパチ屋に対しては騒がないね。マスコミが味方してくれないしな。

 サバイバルゲーム場「怖い」 計画説明会で住民猛反発」:アサヒコム

 このニュース、話を知った時は地元住民に同情的だったんだけど「小学生の娘が計画を知って号泣した。怖がっている」ってコメント見て、ああ…だめだ、と思いました。

 住宅地近辺でサバゲー施設作ろうとしてる人達と、それに反対する為に子供をダシに使って同情を得ようとする市民団体。果たしてどっちがまともな人間なのやら…。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 小学生の娘が計画を知って号泣した:

» 八王子のサバイバルゲーム場問題 from flatearth.Blog
 例の小学生の娘が号泣した(笑)という、八王子のサバイバルゲーム問題。調べてみる... [詳しくはこちら]

最近のコメント

アーカイブ