まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 前立腺ガンについて | メイン | あー生きてても意味ねえな »

▼2009年05月13日

小沢氏が代表を辞任

 小沢氏のイメージがどうなのかはさておき、小沢氏が民主党代表から退いてしまうと、民主党の勢いは失速してしまうと思う。

 良くも悪くも、今の民主党は小沢一郎が作った党だからなぁ。私的にはどっちでもいいけど、おそらく、今小沢氏に反抗的な態度を取っている、若手、中堅の民主党議員も、半年後にはその態度を後悔することになりはしないか。

 鳩ポッポは発言がうかつすぎるし、岡田は…イオン一族でしょ。私からすると、小沢なんかよりも遥かにダーティーなイメージがあるんだけど。

 これは、民主以外の野党議員全ての問題と課題であると思うんだけど、いわゆる「政権運営」という経験がある人材がいないので、政策提案や発言など、全てについて、何となく無責任な感じがしてしまうんだよね。例えば民主党が訴えてる高速道路完全無料化だけど、確かに実現すれば嬉しいけど、正直実現する訳ない…なんて感情が先に起きてしまうんだよな。

 そういう発言についての責任感が、何となく感じられないのが今までの野党であり、良くも悪くも、小沢氏の発言には、具体的根拠はなくても、何となく「彼のいっているとおりに日本は動くかも」っていう期待感は正直あったんだよね。

 もう、小沢氏を代表から下ろすことの結論は出てしまった訳だから、せめて民主の次世代を担う議員達は、小沢氏の政治テクニックを真摯に学ぶべきであろう。

 それと、コレは小沢氏論から少し外れるけど、例えば今の野党が与党に変わったとしても、例えSF的であれ、社民党が与党になったとしても、与党化した時点で全ての政党は自民党化してしまう…という日本の現状も、野党議員の皆さんは、少しは考えてみては如何だろうか。
 以前社会党が与党になった時でも、結局自衛隊は解体できなかったし、米軍基地は日本から排除出来なかった。つまり何が言いたいかというと、今の野党がほざいている政治理念は、全く現実性のないファンタジーに過ぎないということ。つまり無責任な妄想をほざいているにしか過ぎないということ。この点も少しは反省してみては如何だろうか。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ