まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ピースボートのインチキぶり | メイン | 光より早いもの »

▼2009年05月14日

「チンギス・ハン」はどこの人?

 100歩譲っても韓国人というのはあり得ん。それに比べればまだ源義経の方が信憑性がある。

 「チンギス・ハン」はどこの人? 韓中蒙で大論争 」:ザクザク

 モンゴル帝国の歴史を見る限り、中国人である可能性もほとんどないし、韓国人なんて事は絶対にあり得ない。何故なら、モンゴル帝国の成立とその国家運営の手法が、あまりにも当時の中国的国家運営観念から外れているからだ。ただ、これは状況から推測する結果でしかないけどね。

 ちなみに、源義経=チンギス・ハン説については、かつての日本軍によって捏造された説であることは間違いないですが、その捏造の根拠として、北海道からロシアに至るアイヌ人の中で、「当時日本から流れてきた武将が大陸に渡り英雄になった」という伝説があったのは間違いないようです。ただ、義経がチンギス・ハーンであった事は、年代的にもあり得ません。

コメント

韓国人は、放っておくと「全部俺が最初ニダ」って言い出すのが腹立たしい。特に最近酷い。なんなんでしょうね?

国民のどこまでがマジでこんな妄想を信じているのか?なんて思いますが、その他の分野でも、
日本からうかがい知れる範囲での今の韓国の状況は、皮肉にも戦前の日本の状態に近いような気もしますね。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ