まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« バレエ鑑賞 | メイン | NHKアニソン三昧 »

▼2009年06月01日

語りたいことも伝えたいことも沢山ある

 本当は、他人に語りたいこと、自分が工夫して育ててきた様々な思想、その他諸々…。他人に伝えたいことは山程ある。

 あるのだが…、たったひとつ、他人に対して、そういう関係を築けなかったことが、人生最大にして決定的敗北の要因なんだろうな…と思う。

 この段階になって、こんな陳腐な発言をするのは、恥ずかしい上に、己にとっても屈辱でしかないのだが、結局の真実は、人は1人では生きていけないという事なんだろう。逆に1人である人間は、例えに己の中に、価値があるであろう何を持っていようとしても(持っていると妄想しているだけだとしても)、結局は生きている必然性が全くないということだ。

 この世はなんて不条理な…いや、この世を不条理としか認識できない己自信が欠陥品であるという事を認め、素直に舞台から去ることを選択すべきだ。
 これは物理的に死ぬということではなく、非物理的定義において、死人としてのみ存在し続ける価値しかない事を、自分自身が認めるべきだろうという話。

 私は自分の発言を信じない。この世に、自分以上に信じる価値のない存在は、果たしてあり得るのか?

コメント

こんにちは。はじめてコメントします。
もう何年も前からブログ拝見しています。
主にオーディオ関係なんですが、自分が愛用している機器や気になる製品についてググるとよっちさんの記事に辿り着く、ということが重なったのがきっかけでした。
あぁ、この人は自分と感じ方や好みが近いんだな、と勝手に親しみを持ち、以後オーディオ以外のエントリも興味深く読ませていただいています。
僕が感じていたけどうまく言えなかったことや、この件はこう考えればいいのか、みたいなヒント&回答をよっちさんのブログからいつも頂いてきました。
よっちさんがお考えになる以上に、伝えたいことは他人に(少なくとも僕には)しっかり届いていると思いますよ。

僕にとって、よっちさんの言葉は日々の思考/思想の道標です。

二つの高層ビルの間に渡された綱の上を歩くが如き日常を、僕も送っています。いつ落ちるか分からないけど、もうちょっと歩いてみるつもりです。もしかしたら渡りきれるかもしれないし!
…なんかセンチなレスですみません。。。

勇気づけられるコメント、ありがとうございます。

普段の私は、決してここまで悲観的な性格ではないのですが、
やはり酒を呑むと本性が出ますね。
(こういうエントリーは酒を呑んでいる時が多いです)
ただ、こういうあまり愉快ではないエントリーも、
ま…自分なんだなと思うし、
こういうのも「認知療法」の一種でもあると思っているので、
これからもたまにはこういうエントリー書くと思いますが、
あまり気にせずにいて下さい。


それにしても、人に何かが伝わっていると実感できるのは、とても嬉しいです。
どうもありがとうございます。

以前より皆様のお役に立てるエントリ書くことも少なくなりましたが、
生暖かい目で見守って頂けると幸いです。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ