まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« GMとクライスラーの破綻 | メイン | 夜間にBrompton »

▼2009年06月05日

共産党を信頼していた良き時代?

 毎日新聞に勤務している人って、日本のどの時間…というか、どの位置に生きている人なんだろうと思う。九段下の一部ってのは、私たちが住んでいる日本と時空がゆがんでいるのか?

 早い話が:天安門事件は良き時代=金子秀敏」:変態毎日

 すごいなぁ…

 中国でまた天安門事件は起きるか。もう起きないだろう。あれは、中国人が共産党を信頼していた良き時代の事件だからである。(専門編集委員)

 中国兵が、自国の人間をまさか戦車で踏みつぶすことはないだろう…と信用していた…という下りは、まぁいいでしょう。人間何を信じてもどんな感想を持っていてもそれでいい訳だし。ちなみに当時の中国人民にとっても、人民解放軍と共産党員ってのは…ま、いいか。

 でも、あの時代を「良き時代」って言うのは、いくらなんでもどうなのかな?と思いますが。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ