まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« パチンコは儲かるか | メイン | のっちお泊まり愛 »

▼2009年06月11日

東日製作所・トルクハンドブックVol.7

090611-01.jpg 昨日届いた「トルクハンドブックVol.7」。堂々の全433P。なんでもネットから申し込むと無料で送ってくれるとの事だったので、丁度トルクについて調べていた私も申し込んでみた。果たして個人相手に送ってくれるのかな?なんて思っていましたが、大体一週間位で送られてきましたね。感謝です。

 内容は、前半がトルクについての基礎知識…というか、私にとっては専門知識だな。ここまでだと、単に概論を調べたいと思っていた私みたいな「ニワカ」には手が余る程詳しい内容。
 後半は、各種トルクレンチ類のカタログ的なものになっていますが、単なる商品リストではなく、製品毎にスペックや使用方法など詳細に紹介されています。

 これだけの本をタダで贈ってもらえるとは…なんだか申し訳ないような気がします。機械いじりが好きな人にはお勧めですが、かといって冷やかしで請求するのは辞めましょう。

 ちなみに、本書の内容ではないですが、いわゆる「アマチュア」が行うトルク管理法である、「締め付けトルク」で計測できるトルクは、ネジ山部分の抵抗ではなく、大体8割から9割にかけて、ねじと座面の摩擦抵抗になってしまうそうですね。つまり、油のついた手でネジを持ったり、また、ねじとの座面にグリスなどが付着してしまった場合は、殆ど正確な値にはならないとの事。

 特に自転車イジりの時など、トルクレンチを使うのはいいけど、過信はしないように、ちょっと頭の隅に覚えておくといいかもしれません。

 そうそう、もう一つ豆知識だけど「ねじ」は、純粋な日本語なので、本来「ネジ」という風に、カタカナ表記はしないとの事ですよ。

OLYMPUS E-1 + Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5

コメント

うぉー!何とタイムリーな!
トルク管理は車を触る度にいつも頭に引っ掛かってた悩みの種だったんです。
東日製作所さんも何と太っ腹な。自分もこれからお世話になろう。

よっちさん、サンキュ!
チュッ♪(男子)

それは、お役に立てて良かったです。

ちなみに私のファーストキスは、学校で男に奪われました(笑)。

その後無事に自分の手元にもハンドブックがやってきました。

機械などの組みの良さの行き着く先がここにあると信じて、これからはトルク道の極みを目指し日々ねじねじして行きたいと思います。
奥義・破断トルク砲!破ーッ!

私もトルクレンチ買おうかなぁ…と思ってる次第です。
自動車用のでかいのは持ってるんですが、
最近は自転車いじる事が多いので、そっち用に。

扱う範囲が違うでしょうから持っていてもいいですよね。
自分はまだ買った事が無いのでまずは自動車で使える物を一本欲しいですね。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ