まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 鳩ポッポが自民離党に含みを | メイン | 中国で強制PC検閲ソフト? »

▼2009年06月15日

justsystemのバカインターフェイス

 もっともこれはJustに限らない。

 Windowsのアプリを使っていて、猛烈に腹が立つのが、平然とアプリの動作に割り込んでくる無神経さ。
 さっきも、ワードで文章作成をしていたところ、ATOKオンラインの「アップデートのお知らせ」が、作業中にも限らず、急にフォアグランドに割り込んできて、文章を打ち込んでいた動作が全くの無駄になった。

 で、仕方が無く「OK」ボタンを押して作業に復帰したら、「アップデートの内容」とか「権利の承認」とか、挙げ句の果てに「アップデートが終了しました」とか、どうでもいいダイアログがいちいち立ち上がって、その都度OSのフォアグランドに割り込んでくるんだよね。文章を打ち込んでいる途中にこういうクソダイアログが割り込んでくると、本当にPCを投げ飛ばしたくなる程頭に来るのだが、PCに当たっても仕方ないし、結局は、PCを使用している人間の状態を考える知能がない、WIN系の低脳ベンダー共の仕業だと判ってはいるけど、ついキーボードに当たり散らしたくなる。
 大体「アップデートが終了しました」ってメッセージは、動作中のアプリを中断させてまで伝えなければならない、緊急事態なのか?

 懐かしの千葉麗子の言葉じゃないが、どうして世のPCは、全てMACにならなかったのか、本当に悔やまれる。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ