まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« NHKの職員って | メイン | 足利の菅家さん »

▼2009年06月18日

EP-1におさわり

090618-01.jpg つい前のエントリで「触れなかった」と書いたが、用事を済ませてまたオリンパスプラザの前を通ったら、今度は人がいなくなっていたので、再入場。触って着ちゃいました。

 ザッと見た限りですが、AFは問題ないレベル。動体撮影する人じゃなければ結構優秀なんじゃないかな。コントラストAFの、一度行って帰ってくるピントが、慣れないとちょっと戸惑うかもしれないけど、別に遅い訳じゃない。
 レンズは本当に小さいねぇ。特にパンケーキの方は、質感についてもなかなかのモノ。例の沈胴標準レンズも、事前にWeb等で知り得た印象よりも小さくてかわいい。

 他、フォーサーズアダプタも置いてあったので、そちらをかませて、偉大なるフォーサーズ標準レンズである、14-54mm F2.8-3.5を装着してみた。適合表では「ハイスピードイメージャAF ”非対応” のため、ピントが合いにくい場合があります。」とあるが、色々いじってみた限りでは、E-1並みにピントが合ったり合わなかったり(笑)といったレベルで、充分実用になると感じた。
 写真はその14-54mmを装着した図だが、写真で見るよりも不格好な感じではなかった。ただ、この状態で三脚撮影は、重心の問題で少し不都合があるかも。

 他、往年のOMレンズ装着も試せるようになっていたのだが、そちらをいじっている人がいつまで経ってもそのレンズを手放さないので、あきらめた。ただ、14-54でMFしてみた限りでは、充分ピンの山はつかめるね。少なくともE-410のファインダでMFするよりはずっと楽だろう。液晶見ながらなので、少しカメラの保持が不安定になるが…。

 カメラとしての質感は、多分写真などで見るよりも、実物はずっと上質だとお伝えしておきますよ。早く一般の店頭に並ぶといいですね。それと、カメラ女子にも人気が出そう…。特にホワイトモデルは男性も欲しくなる位いい出来だった。

CONTAX i4R


コメント

オリンパス一眼レフ伝統の、2軸可動式モニタ仕様でないのが残念です。

確かにそうですが、あの本体の薄さを考えると仕方ないかな?なんて思いました。
デジタル一眼的な目で見るより、本当にレンズ交換式コンパクトカメラみたいな感じでしたよ。

どう考えても、ライカM的な使い方に成りますよね〜。
私も買うならシルバーですね。ブラックの塗りモデルが欲しいところだが〜w
このサイズでファインダーがあれば素晴らしいのですが、ちと残念。
で、やっぱ単焦点だよな〜と悩んでいます!

私もクロが欲しいです。

ふと気づいたのですが、この先どうするんでしょうか、交換レンズの色は(笑)?

白も意外とよかったですよ。
確かに、交換レンズの色が気になりますね。
やはり、ブラックボディが出るのかなぁ。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ