まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ミモレットの鎌足 | メイン | ブロンプトン・フォールディングバスケット »

▼2009年11月08日

柑橘工房謹製 ブロンプトン・ローハイトハンドル、その後

091108-01.jpg 以前購入した「柑橘工房謹製ブロンプトン・ローハイトハンドル」購入して半年以上経ったので、改めて追加インプレなどを。

 結果から言うと「万人にお勧めできるアイテムではない」というのが、私の意見。というのも、ポジションについては明らかに改善はされていますが、もう一つの売りである「ハンドルの剛性感」というのが、果たしてブロンプトンという自転車に合っているのか…なんて思ったりすることもあるからです。
 回りくどい言い方しましたが、ハッキリいうと、このハンドルに変えてから、ブロンプトンに乗った後腕がしびれるんだよね…。

 ブロンプトンというのは、本当に不思議な乗り物で、例えば私の場合、リアのスプリングも強化タイプのモノに変更していいますが、正直こちらも微妙かなぁ…なんて思い始めています。

 これら二つのパーツを交換することにより、確かに私のブロンプトンは、オリジナルのブロンプトンに比べて、前後の剛性感が格段にアップしています。だからといって、そのせいでトップスピードが上がった気はしないし、より長い距離を走れるようになった気もしません。むしろ長距離乗車時については、特に腕回りの疲労が以前より格段にアップしてる印象。

 まぁ…ハンドルについては「柑橘工房謹製が堅すぎる」って言うなら、ストレートハンドルを装備してるSシリーズはどうなのよ…って話になるので何とも言えないのですが、少なくとも私が半年使っての感想は上記の通りです。

 もっとも、私の場合…腕回りの筋肉は笑っちゃう位無いし、腕も細いし…そういう虚弱体質(笑)というのもありますので、こういう腕のシビレなんていう症状の方がかなりイレギュラーな状態なのかも…とも思います。

 いずれにせよ「柑橘ハンドル」その他のメリット、例えば乗車ポジションとか、ブレーキレバーの角度とか、折りたたんだ時にグリップが床を擦りにくくなるとか、そういう面では確実に、オリジナルよりメリットはあると感じています。

RICOH GR Digital

コメント

こんばんわ!
自転車初心者ですがレーパンを検索していたら
レディースを購入された記事にたどり着きまして…
失礼ながら面白かったです(笑)

また遊びに来ます!

こんにちは、ありがとうございます。

そういえば最近レーパンあまり履いてないです(笑)。
ブロンプトンでゆるゆるサイクリングばかりだしなぁ…。

がんばろう。

こんばんわ

ローハイトハンドル使ってますが、ブロンプトンのオリジナル
ハンドルは細いため、少し太めのエルゴ グリップに交換しまし
た。 手の平と腕への負担が減り、かなり楽になりましたので、
試してみて下さい。

T見さん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。

エルゴグリップとは、あの手のひらの部分が広くなっているグリップでしょうか。
友達がBD-1に装着していましたが、確かにアレは便利ですよね。

私も交換しようかなぁ。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 柑橘工房謹製 ブロンプトン・ローハイトハンドル、その後:

» Bromptonの魅力 from flatearth.Blog
 友達で、ブロンプトンの購入を検討している人がいるらしいので、ダメ出しのエントリ... [詳しくはこちら]

最近のコメント

アーカイブ