まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« BT-MicroEDR1XでBluetoothオーディオを | メイン | Panasonic Let's note CF-R4のバッテリ入替え »

▼2010年03月27日

「まだ半分にもかかわらず既にきめえ高さに達しつつある東京スカイツリー」を見てきた

 月曜日の工事で東京タワーを抜いて、日本で一番高い建物になるという、東京スカイツリー。既にタワーの下付近は大騒ぎだというので、ブロンプトンに乗って見物してきました。

 私の家からスカイツリーのある業平橋に向かうには、東京でも超下町ゾーンが広がる、向島や曳舟を通っていく訳ですが、そういう車も通れない路地のスキマから、まだ半分の高さだというのに、にょきっと空にそびえるスカイツリーがとろろどころで見え、なんだか異空間に迷い込んだような…ハッキリいうときめーです(笑)
 東京タワーが建設されていた頃の港区界隈も、あの頃は下町風景の中にいきなり巨大建造物がそびえる…という図があちこちで見られたと思いますが、このスカイツリーもそんな感じでしょうか。完成すればいまの倍ですからね。いやはや何ともまぁ…。

 で、スカイツリーの最寄り駅である東武業平橋駅なのですが、その界隈は既に人で賑わっていました。ちょっと前までは業平橋駅なんて、東武グループの本社ビルがある駅…という、利用者にとってはどうでもいいオマケみたいな(失礼)駅だったのですが、今ではトレンディーな場所に変身(?)
 トレンディーはともかく、駅の近くにはすっかり有名になった「おしなりくん」が出没していましたよ。

 まだ完成前でこれだけの盛り上がりなのですから、タワーが完成したら、あの界隈もすっかり様相が変わってしまうんでしょうね。そういう意味では、今なら昭和30年代に迷い込んだような下町風情と、近未来的なタワーという異質な組み合わせがたっぷり楽しめます。
 私としては、業平橋駅で降りてそのままタワーを見に行くよりも、隣の東武曳舟駅や京成曳舟駅で降りて、下町の路地を散歩しながら、タワーを目指すという方が面白いと思います。道に迷う心配はありません。空にそびえるタワーに向かって歩けばいいのですから。

OLYMPUS E-1 + Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5

コメント

うちの会社からもよく見えるんだけど、既に異様に立派にそそりたってるね。この倍の高さになるとは想像しにくいくらい。

今の倍ですからね~。
確かに信じられませんよ!

しかし、会社から見られるとは、羨ましいです。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ