まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« iMacのおもいでを増やそう!メモリ増設 | メイン | iMacで地デジ・CaptyTV PIXELA PIX-DT141-PU0 »

▼2010年06月25日

浅間山!

100625-01.jpg この前の週末は、久しぶりに山登りへ。今回のターゲットは上州の名峰浅間山です。

 浅間山登山…とは言いつつ、現在の浅間山は活動中。なので頂上付近への立ち入りは制限されています。じゃあ登れないのか?という訳ではなく、すぐ隣にある「前掛山」への登山となります。浅間山山頂の標高よりは数メートル低くなってしまうのですが、それでも目の前にある雄大な浅間山山頂と、火山活動が生み出したダイナミックな地形を楽しむことが出来ます。

 もっとも、この前掛山までの登山道も、浅間山の活動状況によっては頻繁に入山規制がかかりますので、お出かけの際は直前の情報を確認してから出発して下さい。

 で、私の話なんですが、正直今回の登山はあまり乗り気ではありませんでした。だって…天気予報ではモロ雨でしたからね。雨の登山というのも悪くはないのですが、わざわざ悪天候を求めて行くモノでもありません。
 ま、雨で登山にならなかったら、軽井沢のアウトレットでオサレな休日も悪くない。なんて朝の5時ににしだやさんのおうちへとお伺いします。その頃の板橋区はまだ雨が降っていませんでした。

 しばらくして東京を出発。関越道で浅間山に向かいます。都内付近ではどんよりとしていた空ですが、何故か北関東へ進むに従い雲が薄くなり、登山口のある小諸市辺りに行くと空には晴れ間が…。「お、これはいけるのかな?」なんて思いながら、登山道入り口である浅間山荘に到着。歩き始めは…まぁ曇りかな。という感じ。むしろ晴れているよりも涼しくて登山には適しています。

 登りはじめは森の中…、ま、登山の詳細につきましては、いさやまさんの2010年6月20日の日記に詳しいです(笑)。ぐんぐんと森の中を登り、途中で草原みたいな場所に出て、最後はプチ富士山みたいな岩山をガンガン登ります。

 頂上からの眺めは素晴らしい!途中から日差しも出始めたとはいえ、遠景は霞んで見にくかったのですが、登り初めの小諸の町や、隣の山々、そして目の前には浅間山主峰がダイナミックな姿を晒しています。

 ちなみに浅間山主峰は登山禁止ですが…やっちゃってる方もチラホラいるみたいです。ま、その辺は自己責任(とはいっても遭難しちゃったら多くの人に迷惑かける訳ですが)でやる分にはね。ただ、やるならコソコソやりましょう。7〜8人の登山グループみたいな集団が堂々と登ってましたが、さすがにアレはいかがなモノかと…。もちろんですが、浅間山の火口はまだ煙吹いてますよ。火山性ガスは無色無臭なので、死ぬときは前触れもなく動けなくなって死んじゃいます。注意しましょうね。

 山頂は風が強いので、ちょっと下がったところでお弁当を食べ下山。気がつけば空はすっかり晴れています。梅雨の合間で更に事前の予報では雨の1日だったので、人も少なく穴場だったかもしれませんね。はげ山から美しい草原、森林、そして途中ではニホンカモシカも見ることが出来て、非常に楽しい登山でした。

100625-02.jpg 登山の帰りはもうひとつのお楽しみである温泉です。行きに見つけた菱野温泉常磐館へ。この温泉はなんでも「登山電車で温泉へ」いけるそうです。実際見てみると「電車じゃなくてケーブルカーだろ!」と突っ込みを入れたくなりましたが、細かいことはいいでしょう。

 ケーブルカーで登った温泉も、木の桶が中心になった、とても見晴らしのいい温泉。これが乗車料金含めて1,000円で入れるんですから安いモノです。当日はちょっと心配になる位空いていましたけど、女湯の方はかなり人が入っていたそうなので、そこそこ地元では有名なんでしょう。鉄道マニアの人にもお勧めできるかな?(笑)

 今回の浅間山登山。ルートは少し長いですが、途中危険を感じる場所は全くなく(噴火とか火山性ガスとかは別)、登山初心者にも安心してお勧めできるルートだと思いました。皆様も如何ですか?


RICOH GR Digital


コメント

どうでも良いですが、うちは板橋区です(笑)。

しかし、三人で行って雨って、一度もないですよね?
パラッと降った、くらいはありましたけど。
そんなこんなで、私はほとんど雨心配してませんでした。

わははー、失礼です。修正しておきました(笑)。

そういえば、3人で行くときというのは、雨降りませんね。
雨だったのは、赤湯の時くらいかなぁ。

自分単独だと、雨ってのは意外とあるんですが…。

赤湯の時は、3人じゃないですから(笑)。
こちらも別メンバーの時は、それなりに降られてたりします。

3人パーティーでは、八海山の下りが、ちょっと降りましたね。

確かに、八海山の下り位でしたね…降られたのは。
3人で晴れトリオか(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ