まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 電撃戦・グデーリアン回想録(上) | メイン | スターバックスのタンブラー »

▼2010年09月12日

Pocket Wifi用大容量バッテリ「バスタブ」

100912-06.jpg その名も「MUGEN POWER」だそうだ。Pocket Wifi用の大容量バッテリ。愛称は「バスタブ」というらしい。

 発売されてから品切れになっていたと聞いていたのだが、昨日アキバを歩いていたら、とあるショップで店頭在庫を発見。思わず購入してしまった。

 Pocket Wifiの欠点として多く語られることが、バッテリの持続時間。Wifi接続を行っていると、おおよそ3時間程度しか持たないらしい。これでは、最近は10時間駆動を詠っているMacBookProや、iPadを外でWifi接続させるといった用途では心許ない。ということで作られたのが、この大容量バッテリという事だ。
 ちなみにというか、モチロンだが、メーカー純正品ではないので、使用についてはある程度のリスクは承知する必要がある。それを考えても便利だけどね。

 まだ使い始めたばかりなので何ともいえないのだが、このバッテリを装着すると、Wifi接続がおおよそ12時間以上連続して使えるという事らしい。つまり、一日の使用量としては、途中のバッテリ充電が全く不要であることを示している。実際ここまで長時間屋外でWifi接続を使うかはともかく、電池切れの心配から解放されるのは、精神的にも負担がかなり減る。

 当然ながら、このバッテリと専用カバーを装着すると、スリムなPocket Wifiが、ポケットに入れるにはちょっと厳しい厚さになってしまう訳だが、別にポケットに入れずとも、カバンに入れておけばそれで使える訳で、そういう意味なら、このバッテリを装着しても充分コンパクトなサイズだ。

 実際今日もカフェで数時間Pocket Wifi使い続けているが、バッテリのインジケーターがひとつも減らない。Pocket Wifiのバッテリインジケーターは、通常の携帯電話とは違い、満充電から電池切れまでをきちんと等分して表示する。それでインジケーターが減らないという事は、相当電池は持つという事だろう。

 私みたいに、カフェでオサレにブログ書いたり(笑)、仕事したりする人にとっては、とても助かるアイテム。興味ある人はまた品切れになるかもしれないので、早めに確保した方がいいかも。

OLYMPUS E-410 + Zuiko Digital 25mm F2.8


コメント

か、かっこわるい…。
まあでも、誰かに見せるわけでもないから関係ないか。
ちなみにぼくはeneloop mobile boosterを持ち歩いてます。携帯電話に充電したくなることもあるから、これはこれでけっこう便利。

実物は意外とカワイイですよ。
これはこれで見せびらかしたい(笑)。

それはさておき、エネループ持ち歩くのも実用的ですね。
ただ、今のエネループ製品だと、iPhoneやiPadが充電できたりできなかったりするんだよね。

> iPhoneやiPadが充電できたりできなかったりする
10/21に、iPhoneやiPadでも使える新製品が出るみたいですね。
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20100831_390595.html
そういう要望は多かったんだろうなあ。

おぉ…きちんと充電できる製品が出るんですね。
そっちでも良かったかなぁ…。色々使えるし。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ