まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック | メイン | Apocalypse Now 地獄の黙示録・サントラ »

▼2010年09月26日

ワイヤーワールド ULTRAVIOLET USBケーブル 3.0m

100926-01.jpg 仕事帰りに寄った新宿のオーディオユニオンで、中古品6,600円なんて値段で売っていたのでつい購入。考えてみれば、iMacよりChordette GemへのUSBケーブルは、PC付属の格安品の上、長さが足りないので延長ケーブルを継ぎ足しているというひどい状態だったので(笑)

 早速接続して音出ししてみた印象。「あぁ〜USBケーブルでも変わるもんだな」ということ。

 もちろん、私もオーマニとして、それなりにケーブルには金をかけているし、別にケーブル否定派ということはまるでないのだが、正直USBケーブルでねぇ…とは思っていた。ただ、その考えからが間違っていたというのは、まぁ…嬉しいというかこれからどうしようか(笑)みたいな複雑な気持ち。

 とりあえず今回購入したULTRAVIOLETの感想だけど、わかりやすく低音モリモリ系のケーブルではない印象。むしろ余分な低音は引き締められた感じだ。
 その代わり、音の情報量はかなり厚みを増し、立体感、音場感が以前とは比べものないくらいに出てきた。中高域の方には多少独特のキャラがあるようだが、比較対象があまりないので、ケーブルのせいなのか、元々のDAC、あるいはiTunesの傾向なのかは分からない。ただ、PCからの再生音が、非常にオーディオ的になってきたと感じる。特に情報量の増大は顕著で、いつもの音楽が、ハッキリとテンポが緩やかに聞こえてくる気がした。

 今回は6,600円という安値だからこそ手を出したようなものだが、これだけの効果があると分かっていれば、元の売値、14,700円を支払っても損したとは感じないだろう。更にこのワイヤーワールドのUSBケーブルは、上級モデルに「STARLIGHT」というグレードもあるのだが、そっちはどうなんだろうか…なんて、いけないことを考えてしまう(笑)。体験した人、どうなんでしょうね。

OLYMPUS E-1 + Zuiko Digital 35mm F3.5 Macro


最近のコメント

アーカイブ