まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ハーマンミラー・アーロンチェア | メイン | 南部鉄器・岩鋳「釜敷」 »

▼2011年06月12日

Brother MFC-J850DN

2011061202.jpg 家の固定電話機が急に壊れてしまい、家族の人が電話とFAXがないと困るというので、急遽アキヨドへFAX付き電話機を買いに行く事に。

 しかし、以前の賑わいとは違って、固定電話機の売り場って小さくなったものだよね。探していても何処に売っているのか分からないので、店員さんに電話機の売り場を聞いて、1F売り場プリンタコーナーの奥に行くと、ひっそりと固定電話機の陳列コーナーがあった。
 そんな中、特に代わり映えしない商品の中で、ちょっと便利そうだと思ったのが、この「ブラザー・マイミーオ」というシリーズの製品。メーカーとからは複合機として売られているが、わかりやすくいうと、電話機に無線対応のプリンタが付いたような感じ。もちろんFAXとしても使える、というかそれがメイン。

 なんだか便利そうなのでこちらを購入することに決定。早速家に帰ってセットアップ。電話本体は2Fのリビングに設置して、プリンタというかFAXというか、そっちの方は、1Fに設置することにした。ちなみにPCは3Fに設置してある。
 無線LANの設定に手こずるかな?と思っていたら、あっさりと認識して設定終了。この辺は、かつて手にしたHPのプリンタとは全く違う手軽さでよい。ちなみに私個人としては、iOSでAirPrintに対応しようとなんだろうと、二度とHPのプリンタは買いません(笑)
 マック本体へのセットアップも、付属のCDを入れて画面の指示通りにしたら、ホンの2分位でプリンタの認識とドライバのインストールが終了。これも非常に簡単でスムースなのがよい。

 プリンタとしての性能は普通。というか、長い間インクジェットプリンタの品質に触れていなかった自分からすると、今のプリンタって綺麗だね〜と思うが、きっとプリンタ専用機ならもっと綺麗なんだろう。

 他にも、コピー機としてはもちろん、スキャナとしてPCへデータを送ることが出来るし、受信したFAXをプリントさせず、メモリに残してPCで確認することも可能。更にブラザーからは専用のアプリが用意されていて、データ種類の制限はあるにせよ、iPhone/iPadから無線でプリントすることも可能だし、逆にスキャンデータをiPhone/iPadへ送る事もできる。二万円強の機械なのに随分多機能になったもんだ。

 機能的には、おそらく現在の家庭用複合機として考えれば、標準的なものなのだろうが、電話本体とプリンタ/FAX部分を物理的に離して設置できるというのが、家庭用としては非常にメリットが大きいと思う。
 例えば、電話機本体は人が集まるリビングに設置したくても、ある程度の大きさがある複合機本体を設置するスペースの確保は難しい…という状況はあるのではないだろうか。色々と便利な機能が満載の本機であるが、やはり最大のメリットは、セッティングにおける自由度の高さだと感じている。

 ちなみに今回は、電話機本体が1台だけのバージョンを選んだ。私の家では、もう家庭用電話機で子機は不要という判断だが、必要に応じて子機は後から追加購入することも可能となっている。

OLYMPYS XZ-1


Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ