まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 晩秋の養老渓谷 | メイン | ブロンプトンのフィギュア »

▼2011年11月29日

名水手打・安万支

20111129_03.jpg 千葉県の久留里は銘水の里だという…。その銘水を生かして、小さな街ながらも酒蔵が何件か立ち、また街の中には井戸も多数存在している。

 そんな銘水を使って打たれた手打ち蕎麦屋さん安万支(あまし)に蕎麦を食べに行ってきました。

 お店は、2つのテーブル席、そして奥には座敷のテーブルがふたつあるという小さな作り。事前にネットで調べた口コミだと「量は少ないかも」と聞いていたので、せいろの大盛りにしたのですが、その必要はなかったかな。

 せいろは、いかにも手打ちらしい、腰が強く少し太目のお蕎麦。銘水の影響なのか、手打ちの割に蕎麦の香りが強く主張しないエレガントな味、爽やかな食べ心地でありました。

 久留里市メインストリートにありますので、お出かけの際はぜひとも。

OLYMPYS E-3 + Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ