まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« CS2が実質無償公開でサポート完全終了 | メイン | Dhm 50th Anniversary Box【ハルモニア・ムンディ設立50周年記念限定BOX】 »

▼2013年01月15日

2013年1月第2週

 1月が始まったのだが、ここ10年位だろうか…、正月休みのすぐあとに、3連休あるので、どうもリズムを崩しがちな気がする。

 第一週、仕事始めだが、特に大きな動きはなし。大体定時+30分位で退勤していた気がする。それなりに仕事は詰まってきているのだが、後半が少し不安。
 そういえば、弊社よりリリースするアプリで、私がマスコットキャラをひとつデザインしたのだが(萌え系とかじゃないよ)、そちらがアイコンになったiOS用アプリが、1月の第三週にAppStoreよりリリースされると営業より報告アリ。エンドのクライアントでは、それなりの規模でプレスリリース打つらしいので、自分も楽しみだ。発売されたら早速インスコしよう。

 その他、業務については、年始の再起動のための打合せ…みたいな感じで、比較的ゆるい感じだった。他仕事関係のネタといえば、週明けの朝一で定期的に行われている、主に営業推進チームが受けているというCSR講習会に誘われたので、私も参加してみるつもり。

 仕事以外のネタでは、まず、正月明けの新作アニメシーズンになったので、それなりに録画してチェック。「たまこマーケット」と「ささみさん@がんばらない」、「ビビッドレッドオペレーション」の3本を見たが、どれももう少し続けて見てみようかなと思う。毎週見ているアニメが2〜3ないとちょっと淋しい気もするので。
 他、相変わらずアナログオーディオのMyブームは続いていて、ほぼ毎朝、シャルランのバロックレコードを聴いている。朝から心が洗われるようで、家を出る時間が15分位早くなった(笑)。これもアナログレコード効果か。

 金曜日には、久しぶりに銀座のサウンドクリエイトに行った。ブログで「36回払いまで金利0%セール行います」と謳っていたので、ザッと計算すると、ローンならMajik DSが毎月1万円以下で買えてしまうのかー、と思い、興味を持ったのだ。

 久しぶりに訪れたサンクリだったが、当然Snueky DSは置いていなかったので、SEKRIT DS-Iと、Majik DSMでの比較試聴をさせてもらった。
 因みに友人やネットの評判だと、Snueky DS≧SEKRIT DS-Iという話を聞いていたので、結果、Majikの優位性はかなりあると確認。うーん、悩みます。

 で、1日悩んで結局注文することにした(笑)。土曜日は契約のために再度サンクリへ。
 納期はおおよそ1ヶ月かかるそうだけど、納品日程(サンクリで製品を買うと、基本自宅までセッティングにきてくれる)のスケジュールが理由なのかな?と思ったので「送ってもらえればそれでいいですよ」と聞いてみたら、やはり本国に発注するので1ヶ月かかるとのこと。クライマックスシリーズならともかく、LINNは以前みたいに国内で在庫を持たなくなったのかな?ま、急ぐモノでもないので、ノンビリと待とう。

 その日は、銀座のサンクリをあとにして、日本橋三越に寄ってお菓子を買い、そのまま会社へ。
 なんでも、私の次の案件で使うjsの研究をするため土曜日出社します…と言っていた女子がいたので、甘い物を差し入れて様子伺いに行こうかなと。こういう場合は逆に女子の方が差し入れする品物に迷わなくていい。男子の場合は何もって行けばいいんだろう…缶ビールとかかな(?)w。
 会社に着くと、とりあえずjsまわりについては、思ったよりも研究が進んでいるようで、私が要求していた仕様は満たせそう。まずは一安心。

 日曜日は、朝から一日中ブロンプトンで走り回った。そちらについては後日紹介。

 週の初め、成人の日は大雪のため外出せず、一日中家で部屋の片付け。
 まずはいらない本をまとめて段ボール3箱分くらい出したあと、部屋の整理を行う。本についてはこれからも定期的に捨てるか売るかしてゆかないと、部屋がもう保たないので、定期的習慣にしていきたいと思う。

 ネットでは連日、大阪の体罰に関するニュースが語られているが、私はこのバスケット部顧問が行った行為を「体罰」と言っていいのか、疑問に感じている。
 個人的には、全ての体罰は絶対悪と言うつもりもなく、また、体罰ではなくとも、感情が高ぶって、他人をいくらか殴ってしまうこともあると思う。それはそれで暴力行為であることには間違いないのだが、それにしても、連日生徒を2〜30発殴り続けるという行為は、もはや体罰ではなく、れっきとした暴力行為…いや、虐殺行為だろう。
 そして、このバスケット部顧問は、連日報道される「体罰」という言葉に、むしろホッとしているのではないだろうか。
 虐殺行為と言われれば、絶対に許せないと思うが、例え行った行為が虐殺だろうとしても、「体罰」と言ってしまえば、そういう指導方法もある…みたいに世間は勘違いしてくれる。そして、この事例はもはや「体罰」とは言えない。言葉は正しく使ってほしいものだなと思う。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ