まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« このオレがソシャゲにハマるはずがない! | メイン | 鉄砲を捨てた日本人/ノエル・ペリン »

▼2013年08月13日

確かに大型液晶テレビはいらないかも

 こちら、家電コンシェルジュさんの記事を読んで私も確かにそうだと思ったのです。

 実は、私も以前からテレビについては妙なこだわりがあり、例えばブラウン管時代では「SONYトリニトロン管のテレビデオじゃないとダメ」みたいに思ってました。
 何故なら、当時からオーディオにそれなりに凝っていた私からすると、スピーカーの間に入り込むテレビという存在は、邪魔者でしかなかったのです。また、ビデオを使う為に機械と配線とコンセントを増やすのもイヤで、テレビ+ビデオ一体型は絶対だと思っていました。そして、テレビを付けている時間以外は、テレビに布をかけて隠してしまうという徹底ぶり…テレビ嫌いだったのかな?

 ま、それでも、トリニトロン管&ブラウン管時代のテレビは、私が使っていた21インチだとしても、それなりに場所を取りますので邪魔です。しかし、あまりテレビを見ていないとはいえ、ニュース番組とかは見てますので、なければ困ってしまう…どうしようかなぁ、とずっと悩んでいました。

 そのテレビに対する考え方の転換点になったのが、例の地デジ化で古いテレビを買い換える必要がでたこと、それと、人生初(ま、classicとかSE30とかはありますが)のデスクトップPC、iMac 27inchを購入した事です。あ、これにテレビチューナーつなげばテレビとして使えるな?と。

 結果、大きくて重くて邪魔だったテレビは、ラックごと処分し、部屋はスッキリとしました。またテレビについても、家に帰ってPCでダラダラとネット見ながら、テレビも見れるようになりましたので、逆に視聴時間は増えています。
 そして、本を読んだり、音楽を聴いたりと、純粋に部屋で「何かする」ときは、部屋の中に使っていないテレビがなくなったので、オーディオの音的にも、気分的にも、よい選択になりました。

 この私の選択は極端としても、皆さん少し考えてみてほしいのですが、今の時代、よく考えるとテレビって基本「何かをしているときに使う」事が多いモノなんですよね。
 朝起きて、学校や会社に行く支度をしながら、朝のニュース番組を見る、また、帰宅後に食事や晩酌でもしながら、ボーッとニュースやバラエティなどを見る…とか。
 となると、リビングの正面にドカンとでかいテレビがあるよりも、何かをしている場所にそれなりのサイズのテレビが複数あった方がいいのでは?と考える訳です。

 実際、私の家でも、自分の部屋にはiMacのテレビチューナー。1Fの倉庫部屋みたいな場所には、14インチくらいの小さなテレビ。その他の場所でテレビが見たくなったときは(滅多にないですが)、iPadでwi-fiを通してテレビを見るという体制になっています。
 そして居間にはメインとして52インチのテレビがある訳ですが、こちらは、朝家族が食事をしているときと、夕食で家族が集まっているときには使いますが、それ以外ではあまり使っていません。実は稼働時間をカウントしてみると、メインテレビの稼働が一番短いかもしれません。

 別にテレビの存在を否定している訳ではなく、例えばお気に入りのドラマや映画を見るときは、やはりリビングでくつろぎながら、大画面でじっくりと見たいのです。しかし、そのように能動的に画面を見るときを除けば、別にテレビなんて小さいので構わないというのはアリかもしれません。

 実は、そういった用途を見据えて、以前シャープがこのようなテレビを発売していました(今でも売ってんのかな?)。つまり、大画面の液晶テレビは娯楽のメインとして、他の日常生活では、手軽に持ち運べるこのようなテレビを使った方が便利なのでは?という提案型の家電です。
 私も当時、電気屋さんで見て「面白いなぁ…」と思っていたのですが、残念ながら価格がちょっとアレ過ぎました。発売されたばかりだったからかも知れませんが、液晶20インチで確か12〜15万円しましたので、その隣で38〜42インチが同じような値段で売られているのを見るとね…そりゃ売れないよな、というのもわかります。だって、iPadとそれに使えるwi-fi地デジチューナー買った方が安いんですから。あと、液晶のサイズも13インチくらいで充分ですよね。もっと軽くバッテリ駆動時間が長く安い事の方が重要で、別に20インチはいらなかったと思います。

 そんなこんなで、「大型テレビはもう必要ない」のではなく、長い間家電の王様扱いされてきたテレビが、技術革新により、本来の使い易いスタイルに進化しつつあるのかも…という点で、上記リンクにある「もう大型液晶テレビはいらないかも」という視点は新しいなぁ、と感じました。別にみんなが映画やドラマが大好きな訳でもないし、そうでなければ大型液晶のテレビは確かに必要ありません。

 皆さんも、次にテレビを買い換えるときには、もう少し自分のテレビ生活を見直して「本当にリビングの真ん中に大型テレビが必要なのだろうか?代わりに洒落た家具でもおいて綺麗な植物でも飾った方が、部屋の雰囲気よくなるかも」的な考え方もしてみた方がいいのかもしれません、あるいは「パソコンでインターネットしながら見られば充分だ」とかね。

 ちなみに、自分が使っているMac用地デジフルセグチューナーは以下の製品。Windows用だともっと安くて多機能な製品があると思いますよ。

OLYMPYS XZ-1


Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ