まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ATAK 020 THE END | メイン | Voice of Trees/lubomyr melnyk »

▼2013年12月23日

Bromptonで北関東

PC228946.JPG 冬のクリスマスシーズンの週末。皆様如何お過ごしですかね。
 リア充なクリスマスイベントとは無縁な私は、またまた北関東ブロンプトン紀行へ。東武伊勢崎線で宇都宮まで輪行してそのまま南下して帰ってくれば、このシーズンずっと北からの追い風で走れるかな?という算段です。

 伊勢崎線草加駅から朝の9:00過ぎの電車に乗り、まずは南栗橋まで。そこから日光線の各駅停車に乗り換えて栃木まで。栃木からは宇都宮線の各駅停車に乗り換えます。

 宇都宮線車内では「おまえ私にパンツ見せたいの」ってな感じの一生懸命に化粧したとみられるミニスカ女子高生?が、私のシート正面に座り、やたらと脚を組み替えたりこっち見たりして、訳ワカラン挑発に晒されてましたが(ちなみに白でした)、そんな恐怖の中、東武宇都宮駅に到着したのは11:20分頃。東武線って日光方面は結構便利な長距離列車が走っているのですが、宇都宮線は本当にローカルなんだよね。単線だし。

 てな感じで宇都宮市内を適当にブロンプトンで徘徊。おしゃれなユニオン通りとか、メインの繁華街のオリオン通りとか走りながら、市内を適当に散策。なかなかいいもんです。

 どーでもいいけど、途中交差点で信号待ちをしていると、隣に人の気配がしてふとふり返ったら、かわいくもなくブサイクでもない…って、ツッコミ所に困る感じの女子高生なのか中学生なのかの女の子が、普通にネコミミつけて信号待ちしてまして…北関東というか宇都宮はすごいなぁ…とw。そういえばさっきの電車にいたパンチラ女子も宇都宮駅までずっと脚組み替えながらパンツ見せてたし(途中から友達とみられる女の子も乗ってきたけどそっちは大人っぽくて地味なカッコだった)、宇都宮にいる女子は奇行でもしなきゃならんという決まりでもあるのかw。

 そんな不思議な街宇都宮を後にして、追い風に乗りながら宇都宮市を南東へ…と思っていたのですが、なんと!当日の風は結構強い南東からの風。この時期に北風じゃないとか勘弁してほしい!
 しかし、鹿沼市郊外の里山を適当に裏道に入ったりしながらのんのんと走るのは実に楽しい。こういう風景の中を走っていると、本当に自転車が好きでよかったと思います。

 その後は風にあらがいながらも南下。しかし、壬生町に入った辺りで後輪がパンクしてしまいます。ただ、結構なスローパンクチャーだったみたいなので、手持ちのポンプで空気を入れながら走ります。結果としてこの後途中2回空気を入れるだけでしのげましたので、よかった。この寒空の中、ブロンプトンの後輪脱着してパンク修理とかあまりしたくないもんね。

 なんだかんだで追い風の加護は受けられず、結局「道の駅しもつけ」までたどり着いた辺りで、日もすっかり落ちかけました。まだスタミナはありましたけど、北関東の真っ暗の中自転車で走るってのもねぇ…。そこから東武宇都宮線壬生駅まで戻って、輪行で帰ってきました。走行距離は56km程。案外伸びなかったです。

OLYMPUS E-1 + Zuiko Digital 11-22mm F2.8-3.5

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ