まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 名門セレッションよ!もう一度:UL-6編 | メイン | ビタントニオのアクティで美味しいコーヒーを煎れよう »

▼2019年09月22日

エレクトロニックフラッシュ FL-900R

https://live.staticflickr.com/65535/48767849468_262000cec8_m.jpg デジタルになってからあまりフラッシュとか使わなくなったので、特に必要性も感じていなかったのですが、最近仕事の方でクリップオンのフラッシュを使う機会も増えて、となると個人的にも色々使ってみようかなと思って、E-M1用の大光量フラッシュを物色し始めました。

 はじめは昔のフォーサーズ用フラッシュであるFL-36Rを使ってみたんだけど、これマイクロフォーサーズでは使えないのね。使えないというかマニュアル設定での発光は当然できるのですが、当然そんな面倒なの使ってらんない。なので中華製のこんなんとか買ってみようかと思ってました、安いし。

 てなことを考えてしばらく悶々としていたら、なんとちょうどいいタイミングで、オリンパスフォトパス会員限定のアウトレットからFL-900Rが出品されました。お値段なんと税込み22,737円。つかこれ定価は9万円弱するよね、なんでこんなに安いの?つことで速攻注文しました。もちろんメーカー直販のアウトレットなので、中身は新品です。

 で、写真はE-M1に装着した状態。カメラ本体のコンパクトさを台無しにする大型フラッシュなのですが(笑)、ガイドナンバー58だからね、しかたがない。
 適当にパシャパシャと撮影してみたのですが、以前使っていたFL-36Rと違って大光量フラッシュはさすがに余裕があります。私の部屋は天井が高いせいか、FL-36Rでは部屋全体に光が回りきらなかった印象だったのですが、このFL-900Rでは充分な光量が確保できますし、天井に向けてバウンスさせても、光の量に余裕を感じます。もちろん防塵防滴なのでお外でも安心。今までGRとかで密かに試していた日中シンクロも簡単にできますね。
 前のエントリで使っているスピーカーの全体写真もフラッシュ焚いて撮影したもので、部屋の窓を背にしているので以前はどうしても前面が暗く沈みがちだったのですが、こういう写真も簡単に撮影できるようになって満足です。

iPhone7 Plus


Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ