まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 牛デビュー | メイン | デザイナーとディレクター »

▼2006年05月22日

amadana LC-104

060522-01.jpg なんでも直営店限定販売品らしい。数量限定ではないみたいなので、そのうち直営店以外でも買えるようになるかもしれない。このLC-104という電卓は、アマダナを代表する“コジャレ系”電子計算機で、既に3万台以上出荷されているらしい。電卓なんて100円で買える時代に、格好良くて高品質な電卓をそれなりの値段で作って売る…というところに、マーケティングの盲点があったのか。私も確かに昔から格好いいな…とは思っていたんだけど、以前のモデルでは触手が全然動かず、欲しいと思ったこともなかった。
 ただ、雑誌で紹介された直営店限定「スカイブルー」の写真を見て、「これはイイ!」と思った。やはりプロダクツにとって色は重要だよね。全然興味がなかった品物が、色が変わっただけで俄然欲しくてたまらなくなるんだから。

 昨日買ったのは、専用限定本革ケースとセットになったモノ、つか、このセットしか売ってないらしい。 機能的には、キーの押し具合がとてもよろしくて嬉しい。他に各国のローカル単位との換算機能も備えており、コレは便利。マイルやガロン、フィート、坪など、普通に思いつく単位はほとんど換算することが出来る。実は持ち歩いて使うと意外に便利な電卓なのかもしれない。

 この電卓を買って、もう一つ良かったことは、電卓のマニュアルというのを初めてきちんと読んだこと。ある程度の金を払った商品だと、やはりそれなりにきちんと機能確認をしてみようか、という気持ちになるもんな。んで、マニュアルを読んで思ったこと。そうか…電卓って結構色々なことが出来たんだね。今までは四則演算以外ほとんど使ったことがない私でした。みんな「M-」とか「M+」とかの意味ってきちんと知ってる?

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ