まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« ガレージに犬! | メイン | 東京フレンズ »

▼2006年06月23日

負けたみたいだな

 さすがに見てはいなかったけど、無事ブラジルに負けたみたいですね。とりあえず一点入れられたからまだマシな方か。

 オーストラリア戦、クロアチア戦を見た総論として、日本代表は、やはりまだまだ個人の力量…というか、分かりやすくいうと本番の気合いだな、それが足りないのが如実に感じられた。だからW杯前の親善試合では結構成績がいいんだよな。そんな気がする。

 これから日本に帰ってきて、早速マスコミの選手叩きとジーコ叩きが始まるんだろうけど、勝てるサッカーが出来るかどうかは別にして、ここ4年間のジーコ監督時代というのは、選手にとっても私達観戦者からしてみても、結構楽しい時代だったんじゃないかなと思う。少なくともトルシエ時代のあの息苦しさは感じられなかったしね。
 テレビで見る限りでは、選手自身の状態も、トルシエ時代よりは活き活きしていたように見えた。また、練習風景を完全にオープンにするというのも心証的には賛同できるし、スタメン事前発表というのも、なんだかんだ言いながら、サッカー好きの人にとってはいい話題提供になったんじゃないかな。ただ1つ駄目だった事は、予選突破という結果を残せなかったことだけ。この点のみを反省して次回につなげればいいだろう。つか、別に日本がサッカー強国になる必要もないけどな。

 個人的には、日本のサッカーレベルなんてあんなものだと思うし、そんな中で日本代表はそれなりにはやったとは思う。W杯に出場できただけで十分だだよ、今の実力では。

 つことで、これから起きるであろう、理不尽な選手叩きとジーコ叩きには賛同できませんので、あらかじめ今の私の心境をここで告白しておきます。今更青臭いこというつもりはないけど「参加することに意義がある」という精神も少しは考えてあげてもいいんじゃないかな。端から試合眺めるだけで文句つけるのは簡単だけどさ。

コメント

自国の選手がW杯に参加し、それを応援できる。W杯を身近に感じ楽しませてくれた選手に感謝!だと思う。

マスコミがすぐA級戦犯というかスケープゴート探しをするけれど、私もその姿勢には賛同できません。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ