まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 日比谷茶廊で一杯引っかける | メイン | ねこねこ »

▼2006年07月24日

カメラを売る

 最近使わなくなったカメラの処分を始めている。これが思わずお金になったりならなかったりで、喜んだり残念がったりと色々。まあ、買って数年間楽しんで、購入金額よりやや安い…という程度で引き取ってくれるなら御の字だけどね。

 他にも、本や使わなくなったオーディオも、ぼちぼち処分しようかなと思う。オクに出すか中古屋に引き取ってもらうかは、モノによってそれぞれ。

コメント

使用していた物を売りに出すって寂しくないですか?
愛着もありますしね
欲しくて欲しくてやっと買った物には特に愛着あります
かと言って特別丁寧な取り扱いしてこなかったけど・・・

確かに寂しいんですけど、最近使っていないカメラ達は、逆に手放して他の人に使ってもらった方がいいかな、とも思っています。
使わないでホコリだらけになって壊れるよりは、また誰かの手で使われた方が、カメラも本望かと。

それに、手元にあるカメラ達も、死蔵せずに誰かが流通させたから私の手元にあるわけで…。

寂しいことは寂しいのですが、ホコリをかぶって放置されるよりは、きっといいですよね。

で、オーディオはなにを残すの?w

オーディオは、ほんとに使わないモノを処分するという感じかな。金にするより、捨てるという感じです。

リンとネイムとアルケミは残すつもり。NADも使わないからオクに流すかなぁ。
スピーカーは処分したいが処分したくないという複雑な気持ちです(笑)。
実際、ディットンはどうにかしないと、奥の院から出せない状態だし。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ