まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« のんびり週末 | メイン | カメラカルチャーマガジンLens創刊号 »

▼2006年07月30日

エアコンが直った…かな?

 MGFのエアコンが効かなくなっていた今日この頃だったが(除湿はする)、本日近所の日産ディーラーでガス入れをお願いしてきた。
 注入してきたガスは、250ml缶一本。これだけで規定の圧力までいったのだが、MGFの総量620mlに比べると少な目。ということは完全にガスは抜けきっていなかったみたいで、となるとどこかのラインからガス漏れを起こしている可能性がちょっと低くなる。こういうのって、抜けるときはほぼ全量抜けるしね。

 つことで、何となくまだ効きが弱い気がするのだが、とりあえず冷風は出ている。これが来週、再来週とこのままの状態を維持していれば単なる経年劣化によるガス抜けで済むんだけど、果たしてどうなのか?もう新車登録時から8年以上は過ぎているわけで、この程度のガス再注入なら、特にトラブルのうちに入らないんだけどね。お値段は4500円程かかりました。

 その他、エアコンに詳しい友人からちょっと聞いたんだけど、まず自動車のエアコンは、コンデンサやらファンやらエバポの中やらの部分が非常に汚れやすいそうで、効きが弱くなってきたときや、送風量が下がったときは、この辺りを清掃すると復活しやすいとのこと。家庭用と違ってクルマのエアコンにはフィルターがないので(最近発売されたモデルではフィルター付きも出たらしい)、結構汚れで詰まったりするそうです。
 それと、当然ながらガスの量は、規定量より低くても高くても冷えないとのこと。もし自分でガスを注入できる人がいるのなら、余計に入れすぎないようにして下さい。特にガスが高圧になるとコンプレッサーがすぐに逝ってしまうそうです。参考データとしてMGFの場合、外気温が25℃の時、低圧側1.8-2.6bar、高圧側14-19barが規定値となります。

 さて、来週乗ってみて冷気が出なかったら、いよいよエアコンの修理?、いや、エアコン無しで我慢するしかないな。

コメント

ご無沙汰しています。
カーエアコンの事を書いた
コメントを見かけたので、私が前に
お世話になったことがあるお店の
URLをご紹介させていただきます。
http://www.nakamuradenchi.com/menu.htm
こちらはエバポレーターの丸洗い
洗浄を売りにしています。
エアコンとかバッテリーの
修理・交換専門店なのでエアコン修理に関しては安心して任せられます。
ただ新車から8年間経てばどの車でも
かなりエアコンガスは抜けると
思われますので異常ではなかろうと
思われます。それとまっかちんさんの
ご自宅からは少々遠すぎますね・・。

コメントと役立ち情報のリンクありがとうございます。
MGFのエバポは、これまた覗きにくいところにありますね。
助手席足下ケースの中にあるのですが、これをちゃんと外すには、インパネを外さないといけないみたい。エバポケースのカバーシールは使い捨てみたいだし、ドレンプラグからエアコン洗浄液を無理矢理吹いてみるか?(笑)。

なんか風がちょっと弱い気もするのですが、新車当時からこんなもんかなという気もします。いずれにせよ、疑い始めるときりがないですね。ただ、嫌な臭いはしないので、カビは大丈夫っぽい。つか、嫌な臭いは床からします(笑)。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ