まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 思い出は金で買える | メイン | 掘れ掘れ読本/秋田麻早子 »

▼2007年10月04日

おなかがゴロゴロ

 別にお腹減ってる訳じゃないんだけど、なんだか恥ずかしいくらいおなかがゴロゴロいうときがある。ごろごろ、きゅ~、くっくっくっ、ってな感じでいろいろな音がする。この音を聞きながら「ああ、私のおなかは生きているんだなぁ…」なんて、訳の判らない感銘を受けたり(笑)

 考えてみれば、こういったおなかの動きも、無意識だといいながらもきちんと自分の脳で動きをコントロールされているはずで、それはまるでパソコンを使っているときに、目の前に見える操作を実現するために、OSが裏でいろいろな処理をしているのにも似ている。見える事、感じる事、自分で意識できる事…それらを実現するためには、見る事のできない部分でいろいろな事が起きて動いている。

 自分の元気なおなかの音(医学的に“元気”なのかはわからないが)を聞きながら、そんな事を考えてみた。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ