まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« MDR-E888SP | メイン | 風呂場で体を洗わない »

▼2008年02月16日

マカロニアンの赤いスニーカー

080216-03.jpg この靴を履いていたら「その靴かわいいですね」と女の子に誉められた。うれしい…(笑)

 つことで、確か正月くらいにセール品を買ったもの。もう前記の一言で元は取れたみたいなもんだが、捨てる訳にも行かないのでチラチラと履いている。以前は白いモデルを買った事があるのだが、この純「ルーマニア」製の製品品質はひどいもので、あっという間にソールと本体が分離し、仕方なくダイバースーツ補修用のゴム接着剤で切れた部分を埋めながら使っているという、ある意味とてもスリリングなスニーカー。しかし、丁度去年の初めに工場が新しくなり(その為しばらく生産が止まり入手困難だったと聞く)、品質も大幅にアップ…なのかどうか知らないが、一応ソールの部分は見た目ゴムがちょっと厚くなって破れにくくなっているようだ。いずれにせよ使っているといつ分解するか判らないスリリングな気持ちでいられる。履き心地はとてもいいんだけどね。あと、この独特なくたっとした見た目も非常によい。もっとも日本では平気で2万円近い値で売られているが、多分現地では1,500円とかそんなノリのスニーカーなんだと思う。ちなみに私の購入額は8,000円強だったかな。

 見た目布製に見えるけど、きちんとした革製で、履き心地はイイというよりも素足の裏にゴムを貼り付けただけで歩いているような、独特な開放感がある。何故か私の買ったこの靴は、履くと足の甲がちょっと痛くなるんだけど、しばらくすれば慣れると思う…あるいは慣れる前に靴の方が(笑)
 繰り返しになるが、新品状態ですでにいい感じにやつれた「くたっと感」がとてもキッチュ(笑)。大切に履くというより、ガンガン酷使していい感じにやつれた方が…って、ガンガンに使うと靴の方が…(笑)

 一応マカロニアンの名誉のために書いておくと、店員さんが言うには「ソールが破けるなんて聞いた事ないです。それは販売店、もしくは代理店にクレームつけた方がいいですよ」とのことで、その店員さんも3足持っていてガンガンに使っているけど壊れる気配がない…とのこと。セレクトショップの店員さんなのにわざわざ3足もこのメーカーの靴を買っているんですから、気に入って満足しているんでしょうね。

 ということで、私的には積極的に勧めはしないのだが、上記の証言に納得できる人なら、セールとかネットの激安を探せば1万円以下で買えることも度々あるし、履き心地と見た目は太鼓判押しますよ。

OLYMPUS E-410 + Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: マカロニアンの赤いスニーカー:

» そんな訳で「スタン・スミス」を買ってみたのだ… from flatearth.Blog
 考えてみればスニーカーを持っていなかったのである。というか、持ってはいるけど、... [詳しくはこちら]

最近のコメント

アーカイブ