まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 永井豪三世 | メイン | 携帯電話は水に弱すぎ »

▼2008年05月18日

山万ユーカリが丘線

080518-01.jpg かねてから一度は行ってみたかった山万ユーカリが丘線。なんでも鉄道経営者以外の会社が鉄道を経営しているのは日本でもこの「ユーカリが丘線」だけだそう。ちなみに経営は街作り企業…の「山万株式会社」。

 今日は朝早く目が覚めたし、天気もいいし…ということで出かけてきました。ちなみに家からだとまず北千住にでて、そこから京成電鉄関屋駅まで徒歩約20分くらい?そこから京成電鉄でおおよそ1時間。「京成ユーカリが丘駅」到着となります。

 このユーカリが丘線。運行経路はまるでテニスラケットのように、ユーカリが丘駅を出発して、時計と反対方向にぐるっとユーカリが丘を回って、またユーカリが丘駅に帰ってくる形になります。運賃は大人200円。本当はいけないんだと思いますが、一度乗れば何周もできます。というか、一緒の車両にいた子連れのファミリーも、子供のリクエストに応えて何周もしているようでした。乗り心地はまさにモノレールという感じですね。私はとりあえず一回りしてきてから、ときめきの「女子大」駅で下車しました。

 しかし、このユーカリが丘…なんというか、まさに人造都市という感じでいい所っぽい。街には緑があふれすぎだし、公園もありすぎ。更にユーカリが丘線の路線内側の部分は、田んぼと里山になっていて、ちょっとしたハイキング気分も楽しめる。実にいいところです…。もっとも、東京へ出るにはちょっと遠いけどな。
 私も女子大駅を降りて、そのまま中学校駅まで歩き、そこから里山に入って登山道みたいな場所を歩き、山を下りて田んぼのあぜ道を散策して、ユーカリが丘駅まで戻りました。

 ちなみに、帰りは何となく京成ユーカリが丘駅から隣の志津駅まで歩きました。天気も良くて湿度も低めだったので、屋外を散歩するには実にいい日だったね。

OLYMPUS E-410 + Macro Zoomatar D 40mm F2.8

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ