まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 携帯電話は水に弱すぎ | メイン | 真鍋かをりが下ネタを! »

▼2008年05月19日

否定する

 女性誌などによく書かれている事で、「かわいいですね」とか「○○さんは美人ですね」などと褒められたら、すなおに「ありがとうございます」と受け答えするのが好印象だとのことだが、ホントかな?

 別に容姿だけではなく、例えば「そのカバンお洒落ですね」とか、「○○さんといるといつも楽しいです」などといわれたときはどうするか。カバンはともかく、「楽しいです」と言われて「ありがとう」と答えるのもどうかなという気がするが、これは私だからそんな風に考えるだけで、本当に一緒にいて楽しい性格の人なら「ありがとう」と答えても、イヤミにも何もならず更に好感度アップなのかもしれない。

 かくいう私だけど、容姿は論外として、身につけているモノとか性格面で褒められる事は、10年に一度くらいの非常にまれなケースであったりするモノなのだが、そういうときはもう反射的に「いえいえダサイです」とか「楽しくないですよ」とか答えてしまう。冷静になって考えてみると、こういう受け答えをしたほうが相手に対してイヤミっぽいモノなのだが、こういう自分を肯定されるような事を言われると、思わず気が動転してしまって、冷静でなくなる。なんせ普段人から嫌われる事はあっても褒められたり肯定されたりする事が滅多にないからね。もっと褒められ慣れている人なら別なのかもしれないけど。

 まあ…そんな事はともかくとして、こういう「他人から褒められたときのリアクション」というのは、その人が自分をどう思っているのかを知る手がかりになるような気がする。そして、つまり自分に対して肯定的な感情を持っている人は、きっと一緒に仕事をしても成功する可能性が高いし、プライベートで一緒にいても楽しい時間を過ごせる可能性も大きいと思う。人を知るにはまず「褒めろ」というのは役に立つテクニックかも知れない。

 ちなみにここまでの流れでもうわかっているとは思うけど、私は全然ダメ。こう言う事をいわれても自分を肯定する気分にはなれない。これはもう理屈ではなく、ある意味もっと感情的な部分において「褒められた自分に相づちを打つ」というのが不可能。私の自分嫌いはかなり根深いモノだと思われる。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ