まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« 宮崎死刑囚の死刑執行に違和感 | メイン | ダガーナイフと包丁 »

▼2008年06月18日

ATOKが月々300円

 こりゃ安いな。年間3,600円計算だとしても、毎年…いや、二年に一度買い換える人でもお得。同時使用でなければ10台のマシンにインストール可というのも、ずいぶん太っ腹。

 ATOK定額制サービス」:Just system

 ちなみに私は今ATOK2007を使ってます。この定額サービスにATOK Sync.のサービスが…じゃなくてインターネットディスクサービスが最低限の容量で付いていたら即乗り換えなのだが。

 ちなみにこのATOK Sync.はすごく便利。会社と自宅などでPCを使ってる人は、辞書が同期するというのは、もうこれなしでは考えられない…というほど快適だね。
 ちなみに今日、PCのエラーでユーザー辞書吹っ飛ばしてしまったんだけど、そんなときでもネット上のMyユーザー辞書を呼び出して即同期、助かりました。

 って、ATOK定額制の話題じゃなくなっちゃったな(笑)。とにかく、携帯用のしょーもないコンテンツで月額300円とかとってるこの時代に、ATOK最新版が300円というのは、実にお買い得な気もする。

 私も乗り換えようか…なんてちょっと思うけど、となるとインターネットディスクを併せて月々600円の支払いになるんだよね。そう考えるとちょっとハードルが高くなる気もする。安いのに変わりはないんだけどさ。

コメント

2年に一度です(笑)。
ダウンロードだと製品版の方が安いかなぁ。常に最新、というメリットとどっちを取るか。

マルチプラットフォームだったら迷わず買い、と思いましたが、Winだけですね。残念。

私も大体2年おきです(笑)。

>マルチプラットフォーム
ああ、これは嬉しいですよね。といいつつ、今はWinしか使ってないのですが…。

>ダウンロード
確かにこっちだと安いですね。ただ、定額版はオプションの辞書が充実しているのも魅力。

私は2007を使っているので、来年になったら考えるかな。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ