まっかちん.Web / アラビヤン焼きそばファン倶楽部 / ESSAY / LINK / フラットな地球 / Photography. Blog*/ 記事INDEX

« つくばりんりんロード | メイン | Bromptonはとってもスポーティー »

▼2008年07月19日

バスジャックを起こした少年

 近年の少年犯罪は、至って普通の子供が世間の注目を集めるような犯罪を起こすのが特徴…だそうだ。なるほどね、確かにそうかも…?

 つかさ、至って普通の少年が常識では考えられない犯罪を…なんて、私が子供の頃から一貫してテレビに出てる解説者が言い続けてる事じゃないか?その解説者連中の「最近」というのは、江戸時代から今年までの範囲を含むのか。

 私は、今のこういった少年重大犯罪が起きた際のマスコミの動きそのものが、まさしく「劇場型」ではないかと思っている。私は結構民俗学に近い本をよく読むのだが、申し訳ないが常識では考えられない少年犯罪というのは、昔から延々と起きている。つまり、犯罪というのは常識では考えられない行為が頻繁に起きる事なのだ。

 こういった似非文化人達が、犯罪史をまるで勉強もせず、自らの研究成果の立ち位置も持たず、ただ場当たり的に起きた犯罪に腰を抜かし続けている。犯罪が起きる度に「今までの常識では考えられない犯罪…」だとか抜かす。テレビに出る連中って本当にバカだなぁ…と、マジで思う。思うけど、そのバカを求めているのは、結局テレビを見ている人達の方なんだけどな。

Amazon.co.jpでの関連商品

コメントを投稿

最近のコメント

アーカイブ